ケンミンショーで青森県の郷土料理イカメンチ!作り方やレシピは?

この記事は2分で読めます

image

秘密のケンミンshowで紹介される青森県のイカメンチとは?

こんにちは!美味しいものは全部食べたい私です。

前回の放送では、茨城の『けんちんそば』や群馬県が日本一肉を食べないとされていましたね!

見ていない方は下記のリンクより

茨城の郷土料理けんちんそばの魅力とは?金砂郷の祭りとは?

群馬県は日本一肉を食べない?肉の道の駅で人気のすき焼きは?

 

2016年3月3日に放送の青森県の郷土料理イカメンチ!

image

そもそもイカメンチとはなんぞ?

青森県津軽地方の郷土料理みたいで、それぞれの家庭によって食べ方が異なるようです。

イカを叩いてミンチにし

具材と混ぜ合わせて揚げる食べ物。

イカメンチとイカメンチカツ!

 

イカの食感と甘みが味わえて、具材は主に野菜なので、カリッカリッの揚げ物は病みつきになります。お酒のおつまみに最適でしょうね!

 

他にも調理のやり方はありますが、揚げた物がイカメンチのようですね。

残ったイカを有効に活用出来ないか?って事で考えられた料理のようで、青森県の市内の学校給食など、お弁当の中身としても幅広く活用されているようで、駅弁の中にも入っています。

給食に出るぐらい、子供達にも人気なんだね!

 

市販のスーパーや惣菜屋での値段も安く、1個80円ぐらいから150円の間で販売されているようです。

 

出来たてを食べないと、油が染み込みサクッと美味しい食感を味わえなくなるので、早めに食べる事をオススメします。

青森へ訪れた際に、一度食べてみては?

スポンサーリンク

※静岡県にもイカメンチは存在しています。こちらはイカ以外にも魚のミンチを入れている物で、海鮮メンチと私は思っています。

 

それと‼︎

私の超オススメドリンクがありますのでご紹介します。

青森県と言えばリンゴですよね!青森県際のリンゴジュースなのですが、このリンゴジュースだけは美味すぎるので、是非飲んでみて下さい!

〜〜 『希望の雫』きぼうのしずく 〜〜

5年ほど前までは身近でも販売されていましたが、今や日本各地から美味すぎると絶賛され、在庫にも限りが出たのか、中々市販では手に入らない環境になっています。

このリンゴジュースは酸味がほとんど無く、甘すぎず、あと味もサラッとしているので、マジでオススメです!

近くで販売されていたら是非飲んでみて下さい。

値段も安くて300円以内で買えます。

イカメンチとイカメンチカツのレシピや作り方は?

スポンサーリンク

イカメンチやイカメンチカツのレシピや作り方

・いか 小さめだと3はい、大きめだと2はい
・キャベツ 1/4より少しすくなめ
・にんじん 1/3本
・玉ねぎ 半分
・日清 コツのいらない天ぷら粉 揚げ上手 適量
・たまご 2個
・塩 適量
・胡椒 適量
・砂糖 大さじ1より少しすくなめ
・味の素 2ふり
・揚げ油 200ml~300ml
・レモン 1個
・キャベツの千切り 適量
・小麦粉 適量
・生パン粉(細) 適量

引用元:美味しいレシピや作り方

上記のリンクは美味しそうだったので紹介しました!

上記のイカメンチとイカメンチカツの作り方は記載していないのでリンクから見てください!

 

普段イカメンチを作る場合は、イカが余ったら作る!そんな感じで、残ったイカで作る。

イカ下足なんかが残りますよね。下足揚げにするのが一般ですが、これをイカメンチに‼︎

・イカゲソ・玉ねぎ

・たまご・塩こしょう

・小麦粉・油

1・イカゲソを小さく刻み、玉ねぎをみじん切りにし混ぜます。

2・次に1で作った物に、卵と小麦粉を混ぜ合わせ塩コショウを適量に振ります。

3・好きな大きさで揚げれば出来上がり!

こんな簡単に出来る食べ物なので、天ぷらや揚げ物をする時、イカの刺身を出す時、一品足りない!そんな時に良いかもしれないですね。

次回紹介されるのはコチラ

ケンミンショー北海道函館ごっこ汁とは?布袋魚レシピや作り方は?

〜〜まとめ〜〜

イカの食感と野菜の揚げ物の食感が合い、カリカリが美味しいですね。

郷土料理と言うだけあり、青森市民に愛されています。

今や、イカメンチを売り込む取り組みもしているようですね。

一個100円程度と価格も安いし、ご飯のお供やお酒のつまみにもなり、簡単に作れるので、一度作ってみてはどうですか?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  2. image
  3. tumblr_ngszunWryH1qfirfao1_1280
  4. image
  5. image
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ