コウノドリのドラマを観て感じた子供への想いと帝王切開3回目の母

この記事は3分で読めます

綾野剛が主演ドラマ、私も子供への気持ちが高まります。

子供が欲しいと思って、子作りしても中々出来なかった想いがあります。

胎内に宿った時は、とても嬉しかった。

それでも宿る前の期間の間、色々な現象や思想が巡り、その話を今回は書いていきます。

嫁は3人の子供達を産んでいて、帝王切開3回目。

子宮破裂の可能性があり、まず産めるのかどうかすらわかりませんでした。

嫁が1番大切だと思っていても、その嫁が子供が欲しいと言ってくれます。私は複雑な気持ちでした。母体安泰で産まれない可能性だってあるんですから、私も心配や不安の気持ちだらけでした。

 

私は当時、今の嫁とはお付き合いしている段階で、結婚は考えていましたが、両方の親に反対をされていて、正直参ってました。

彼女は子供3人連れのバツイチ

帝王切開2回経験している

子供は小学4年が二人の双子

幼稚園の年長さんが一人

生活が厳しすぎる事もあり、本当に悩んでいました。

でも、彼女を守ってやりたい。支えになってやりたい。そんな強い気持ちから、生活の事は金さえ稼いだらどうにかなる。一時、生活の事は忘れました。

 

問題は結婚を猛反対されている。

素直に認めてくれるわけないです。お互いが不幸になるかもしれないし、3人の子供達も不幸になるかもしれないのだから。仕方ないですよね。

私達は結婚する気満々でした。

でき婚にしたら親も何も言えないだろ。そんな甘い考えで、実際の状況は帝王切開したら命が危ない。

考えても答えは出ませんでした。

私は無理と頭が言ってます。命が危ないのに無理はさせれないし、もしそうなった場合、3人の子供達の面倒を見て行く自信もない。

 

彼女は何も考えず、子供を願った。

 

私は、彼女の気持ちを無視していいのか、子供をもし産んだとしても、3人の子供達を愛せるのか?

全然わからない。

 

でも彼女は子供を願う。

本当に悩んで、彼女のためならと覚悟を決めました。全てを背負う覚悟でした。

でき婚で、親からの冷たい反応、もしもの事があったら全て背負うつもりで、承諾しました。

 

彼女は私の為に子供を授かりたい。私はそぅ感じていました。彼女にも、私が子供がつくれない悲しみを背負ってほしくなかったんだろうなと、考えれば考えるだけ涙が出ます。

 

子供が授かるまでの間

かなり時間がかかりました。

何ヶ月かの間、授かる気配もなく、子作りをしました。

願っても授かるもんじゃないんですね。

私が見た不思議な現象と夢

ある土曜日にお出掛けする事になりました。

その日は楽しくデートし、夕方、車で帰っていると、山道の中で彼女が身体が重いと言ってきました。

私は????

どうしたの?と聞いても肩が重たい

よく分からない中、お家に帰り着きました。

その日の夜、私は謎の人物を目撃しました。

 

…。

扉の上から、上半身だけのおばちゃんが私を睨んでいました。しかも、人間ならそんな体勢で、そのようなところから真横に出てこられるわけないのです。

私は寝つけなかったので、たまたま目撃したのですが、2度見した時には消えていました。

放心状態でした。

あの顔は、彼女のお母さんに似ていました。

暫く寝つけず、いつの間にか朝を迎えていました。

彼女は少し離れた場所で洗濯物を干していました。

その下には、幼稚園くらいの男の子が私の方を見ていました。…?瞬きをしたら消えていました。気のせいか?

私は彼女に昨日の話と今みた話をし、ひょっとしたら山道でついてきたかもしれないねーと笑って話をしていました。

不思議な体験でした。

その1ヶ月後、私は夢か現実なのか分からない体験をしてしまいます。

ある日の寝起きの事です。

3人の子供達はお泊りに行っていて、私と彼女だけ。

目の前には2歳くらいの帽子を被った女の子が楽しそうにお部屋から別のお部屋へ走りさって行きました。

もちろん、確認しても誰もいません。

嫁に話しました。今女の子が走っていったんだけど!

嫁は私に見える人間?と言ってきましたが、私は見たことありませんし、今起きた事が錯覚かもしれないし、寝ぼけてるかもしれない。

私はあんまり気にしないようにしました。

 

これで不思議な経験は終わりです。

その1ヶ月後にお腹に子供を授かりました。

性別は女の子です。

手術が終わるまで、心配で、心配でたまりませんでした。

鳴き声が上がり、でも嫁は大丈夫なのか、顔を見ても顔面蒼白ですぐに眠りについた記憶があります。

赤ちゃんは元気そうでした。

 

二人とも無事で退院でき、安堵しましたよ。

これから新しい生活が始まります。

めっちゃ大変ですね。可愛い赤ちゃんが今では2歳。あの時見た子と同じくらいの身長になりました。無邪気で走り回ってます。

子供達を大切にして行きます。読んでくれた方、今後、私達の家族を応援して下さいね( ´ ▽ ` )ノ

ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ