レッドタートルのアニメーションが凄い⁉︎監督とは?

この記事は2分で読めます

レッドタートルの監督が作るアニメーションが今回の映画の鍵になる!

ついにスタジオジブリから新しい映画が公開されますね! 海外の映画会社、ワイルドバンチが共同制作をしています。 アカデミー賞(短編アニメ賞)を受賞された。 マイケル.デュドク.ドゥ.ヴィット監督。 名前が長くて困りますね(笑) 短編アニメ賞を受賞されているので、かなりの期待が持てます。 しかし、今回のレッドタートルは長編の映画。 短編アニメから長編に切り替える事を考えると気の遠くなる作業が続いて質が落ちたりしないのか心配ですね。   脚本は パスカル.フェラン。 こちらもアニー賞、受賞。 アニー賞とは、国際アニメーション協会が認めたアニメのアカデミー賞です。   高畑勲:ウインザー.マッケイ賞。(アーティスティックプロデューサー) ウインザー・マッケイ賞とは功労賞の事ですかね 功労賞とは苦労して手がけて頑張っている証 彼らが共演し創り上げた作品が、今回のレッドタートルとなっています。 ファンタスティック・ビーストと前作の繋がりとハリーとの関係ハリーポッターの次作の紹介です。

今回の作品はいつ上演される予定なのか?

tumblr_ndx1pzJ3gy1qfirfao1_1280 2016年9月を予定しています。 スタジオジブリ、あの有名な宮崎駿監督を上回る作品が出来る事を期待しています。 ジブリ界の神の様な存在を新たに作りださなきゃいけないと思いませんか?   功労賞を受賞されている高畑勲さん。 功労賞と言う名をアカデミー賞に変えていけるといいですね!  

〜〜〜〜まとめ〜〜〜〜

ジブリ界から宮崎駿がいなくなった今、新世界の幕開けとなる人物が必要だ! 宮崎駿が手がけていた「鉄砲侍」はご存知だろうか? 引退してしまい、この世に顔を出す事がなくなってしまったかもしれない貴重な物語。 半分は製作を終えていたと言う話だが、是非、この世に生み出してほしいです。

  • 監督が海外から選ばれた共演作品
  • 今後のアニメーション界の旋風になる
  • 功労賞が実を結び、忘れられない物語
  • 赤い亀が奇跡を起こす

〜〜〜〜最後に〜〜〜〜

個人的な監督への気持ち 映画の収入を大体予想されていますが、全国へ放映後の未来は予想されているのでしょうか? 今後の意気込みや活動が気になります。 また、夢と希望をしっかりと与え続けてほしいですね。 ジブリは大好きなので、映画で世界に幸せを運んでほしいです。   読んでいただきありがとうございました。 上演まで楽しみにしていましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  2. image
  3. tumblr_ngszfk9HJX1qfirfao1_1280
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ