信長協奏曲あらすじ〜結末の感想は?ネタバレ完全まとめは?

この記事は8分で読めます

image

信長協奏曲の前置き〜!

皆さんこんにちは!

今日は、鑑賞に行って来ました!久しぶりの映画!実は、今回の映画鑑賞、嫁と初デートの時に、映画を見よう!と決めていたのですが、その時は、映画を見なかったんで、四年越しの映画デートとなりました!まぁそんな事はどうでもいいよ!って所なんですけどね(笑)

今回、観させていただいた映画は!

「信長協奏曲」

今回、映画の感想とネタバレとなっていますので、今から映画みるよ!って方は、絶対!ゼーッタイ!見ないようにしてくだい!楽しみが半減しますよ(笑)

注告しましたからね?

もし、注告を無視してこの感想&ネタバレを読んでも、一切の責任は負いませんのでご了承ください!_| ̄|○

ストーリーや、セリフは完璧ではありません。完璧を求めないでくださいね(笑)
では、本題にはいりましょう!


スポンサーリンク


「信長協奏曲」ストーリーのあらすじ&完全ネタバレ!感想を含めた、まとめ‼︎

映画の始まりは、主人公サブロー(小栗旬)が、戦国時代にタイムスリップし、織田信長(小栗旬)と遭遇、全く同じ顔のサブローに織田信長は、お前が、織田信長をやれというダイジェスト版がながれます。

ドラマの展開でのラストは、竹中半兵衛(藤木直人)は、秀吉(山田孝之)が何かを企んでいる事にきずき、信長(サブロー)に報告しに行くのですが、そこにいたのは、信長ではなく、明智光秀(本物の信長)そこで。秀吉まで登場し、竹中半兵衛は、斬られてしまった所でドラマは最終を迎えていましたよね?

竹中半兵衛の謎?

image
出典元:リンク

ネット上では、竹中半兵衛(藤木直人)は生きて居るんじゃないの?あそこで誰かが助けにくる!などと予測されていましたが…
残念ながらあの時に竹中半兵衛は…

殺害されていました(´・_・`)

映画版では、竹中半兵衛は活躍せず…
藤木直人さん出て来ませんでした、重要人物だったんですけどね…映画で竹中半兵衛は、病死という事で死因は隠ぺいされてしまってました!けっこうアッサリ片付けられてしまったんですね。(笑)

ドラマのあらすじの後、羽柴秀吉(山田孝之)の幼少期、織田信長の初陣の場面が流れ、母親を戦で亡くした秀吉が信長に復讐の心が芽生えて「織田信長ぁぁああ」とそこからサブローのどアップに切り変わり物語進行です。

凄いぞ安土城!

ドラマで同じみの家臣達の信長(サブロー)のやり取りは、映画でも健在で、信長の肖像画を描く場面では笑わせてくれましたよ!
お城も、衣装も一新して、ドラマ版よりも戦国っぽい格好になってました!

image
出典元:リンク

何よりお城のセットが綺麗!映画見た方は分かると思いますが色が鮮やかです!公式サイトからちょっと拝借、こんな感じで綺麗!お城の中には色々な工夫があるみたいで、所々に織田の家紋が、サブローの平和への象徴、ラブ&ピースマークになってたりしているらしいですが、其れは見つけられませんでした!(笑)

image
出典元:リンク

皆さんは見つけましたか?

ちなみにこんな感じです!(*^^*)

織田信長(サブロー)の急成長!

映画版の信長(サブロー)はドラマと違い凄い成長してます!(笑)家臣達のまとめ方、戦の作戦の素早さといいドラマの時と遥かに成長したなぁと感じましたね!なんといっても戦のシーンが1番彼の成長を物語っていました!
スタントは一切使わず撮影されたとの事だったのですが、馬の取り方や立ち回り皆さん本当凄かったです!

恒ちゃん落馬!サブローもビックリ⁉︎

映画の戦シーンで恒ちゃんが落馬しちゃうシーンがあるんですけど、実はあれ、予想外の事故だったみたいですよ!知ってました?そのまま監督がその場面は撮り直ししないで使ったみたいで、結果リアルな作品になってました!

サブロー

信長(サブロー)の元へ訪れた松永(古田新太)は、安土城を見て「俺、こんなの弱いんだよ、立派な城建てたのは、残される家族のためだろ?お前もう直ぐ●ぬんだよな?」こんな感じで、信長(サブロー)へ言葉をかける、訳の解らない信長(サブロー)に松永は、「お前しらないの?」と、信長(サブロー)に日本史の教科書を渡す!

そこに書かれていたのは…「信長の死後…」という文字!歴史オンチの信長(サブロー)は自分がもうすぐ●ぬ事を知るんですが、肝心な誰から?のページは、ドラマ版で、斎藤道三(西田敏行)に破られていて分からないんですよね。

 

サブローは自分の運命を知った⁉︎

信長(サブロー)は帰蝶に「俺もう直ぐ●ぬんだ!」と告げる、

そんなわけ無かろう!。易々と●ぬなどと言うでない!」と信じない帰蝶。

信長(サブロー)は「本当なんだ、俺未来から来たからわかるんだよ!この時代にタイムスリップしてきたんだ!」とリュックから、スマホを出してみせるが、

帰蝶は、信長(サブロー)が本物の織田信長ではない事を知りつつも「また、その様な戯言を」と信じなかった!

この2人のやり取りがもどかしいやら切ないやらでした

(´・_・`)

帰蝶と信長(サブロー)の恋⁉︎

自分の運命を知った信長(サブロー)
運命と闘う決心をします!
そして、帰蝶にプロポーズ!
俺死なないから!だから結婚式しよう!しわしわになってもそばにいるから、俺と一緒に生きてください。」とプロポーズするんです!
この時のシーン泣けました!帰蝶が「わらわは、シワシワになるのはいやじゃ!シワシワになるのはお主だけで良い!
この時の帰蝶、かなり可愛いかったです!セリフはうろ覚えなので、完璧ではありませんのが、本当に泣けます!この後も何度か泣いてます(笑)

 

全てを聞いていたミッチーは心が揺れる…⁉︎

本物の信長、明智光秀は、サブローが家臣や帰蝶に慕われ其れに嫉妬から憎しみを抱く様になっていた、秀吉と共に、自分の名を取り返そうとする明智光秀だったが、いつも皆の中心で、太陽の様に皆を支える信長(サブロー)

ある戦の時に光秀は、自分の初陣の時に父から言われた言葉を思い出す、「信長、やはりお前は、当主の器ではなかったか」…
それを機に光秀の中で何かが変わっていく。

 

明智光秀の想い⁉︎


スポンサーリンク


ある夜、信長(サブロー)は月を眺めていた。
其処へやって来た光秀は、信長(サブロー)に、

image

出典元:リンク

地球は月の周りを回っているといったな?お前は、皆を照らす太陽の様だ」と「私は、まるで月の様だ」という、信長(サブロー)は、光秀に

地球は、太陽だけじゃ駄目なんだって、月もなくちゃ地球は上手く回れないらしいよ、だから太陽も月もなくちゃいけない」と、その言葉を聞いた光秀は、信長(サブロー)を陰で支える事を決心する。

羽柴秀吉がついに本性表す!

信長(サブロー)は、家臣を集め、帰蝶と結婚式を挙げる事を伝える。家臣たちは、祝言を挙げた事を指摘するが、信長(サブロー)は、改めて式を挙げる事を伝える。

場所を訪ねられた信長(サブロー)は、「うーんとね…京都の…本能寺!」それを知った秀吉は…

明智光秀に、

本能寺で奴を討つのです!」と持ちかける、光秀は、「もう、やめにしないか?父は見抜いていたのだ」と「初陣の時に戦に勝つ事ばかりを考え、村に意味もなく火を放った私の心を」とそれを聞いた秀吉は、「意味も無くだと!」と怒りを露わにする秀吉。

(そりゃ私でも激怒ですね!その場でミッチー殺ってると思うわ!でもそれでは復讐にならない、本物の信長に同じ苦しみを与えてやる!って感じがこのシーンには滲み出ていましたね!)

 

警戒するミッチー、秀吉は信長の初陣の祭に負った腕の火傷の跡を見せ、「本能寺でヤツを討たなければ、帰蝶もお前の妹も皆殺しだ!

遂に秀吉の本性が露わになる場面です!
このシーンは、山田孝之さんと小栗旬さんが打ち合わせして出来たシーンらしく、当初は、火傷の痕をみせるシーンはなかったとか…

カッパ現る!

本能寺の変が迫る〜⁉︎

秀吉に脅されていたミッチー(明智光秀)は、本能寺でサブローを討つ事を決心する。一方、結婚式の準備を着々と進めていたサブローは、挙式をさっと済ませて帰ってくるからと、数人の家臣を連れ、本能寺へと向かおうとしていた。

 

サブローは、恒興に、「恒ちゃんお願いが有るんだ」と何かを言づけ本能寺へ発つ。

そのころ帰蝶も準備を進めていた。サブローの部屋へと足を向けた帰蝶。サブローの荷物にあったスマホを手にとり、サブローの言葉をおもいだす、「俺もう直ぐ死ぬんだ…未來からタイムスリップしてきたんだ」…その時一人の家臣が帰蝶に、何を持っているのか?と訪ねてきた、家臣にスマホを見せる帰蝶。

未来に向けての進展と発見‼︎

それと同じものを見た事があります、先日捉えられた、カッパが同じ物を持っていました」そのカッパが大阪に居る事を知った帰蝶は、本能寺へ向かう前に大阪へと向かうことに。

image

出典元:リンク

そこに捕らえられていたのは、カッパ!ではなく、ダイバースーツを着ていたであろう外国人!ちょっとハゲ(笑)

そのカッパは、「助けてください、私はタイムスリップして来ました

帰蝶は、カッパに織田信長を知っているか?と訪ねた。

カッパは「知っています、日本の歴史大好きです

帰蝶は、信長が何処で●ぬのかと訪ね、信長が本能寺で●ぬ事を知る!慌てて本能寺へ向かう帰蝶!
其処へ兵達が帰蝶を取り囲む!どうなるのか帰蝶!

本能寺ネタバレの変!

ココからはラストネタバレに入って行きますので、まだ見ていない方、ラストを、知りたくない方はご遠慮くださいね!

本能寺へと到着した信長(サブロー)帰蝶との挙式に備えてウエディングケーキを用意し待っていた。
image
出典元:リンク

帰蝶が、大阪へ寄って此方へ向かうことを知り、一人部屋で夜を過ごす信長(サブロー)
自分の身に死が近づいていることを知らずに床へ付く。一方軍を率いて本能寺へと向かう光秀。

家臣達は「光秀様どちらへ」と訪ねた、光秀は、被っていた頭巾を脱ぎ、「本能寺に居るのはワシの影武者じゃ!今から信長の名を取り返しに行く、ワシが織田信長じゃ!」本能寺へと到着した明智光秀(本物の信長)…「出撃‼︎」

その頃信長(サブロー)は眠れずにいた!
帰蝶ちゃん来てないからソワソワしてたのか?
虫の知らせか?サブローは部屋の外へ…其処へ駆けつける織田家臣、「明智光秀様が謀反にて襲撃を仕掛けてきました!」信じられないとばかりに外に出る信長(サブロー)其処で目にしたものは…

敵は本能寺にあり!このセリフ君じゃないよ?

本能寺に攻め込む明智軍!
信長(サブロー)は何故?と唖然としつつも刀を抜き軍に立ちぬかいます!しかし本能寺は、敵の襲撃で炎に包まれ信長(サブロー)は、挙式の間へと逃げこみます!

サブローの元へ向かう本物の信長(光秀)、ここで二人は再会!サブローは、光秀に「なんでこんな事したんだ!」と言葉を交わす、一方、信長を討つために羽柴軍が襲撃しようとしていた!
敵は本能寺にあり!」秀吉が叫ぶ!えっ?
そのセリフ…明智光秀がいうんじゃないの?と疑問を抱きながら見つめる私(笑)

本能寺に攻め込む羽柴軍!明智軍!羽柴軍!織田家臣の接戦開始!

その頃サブローに光秀は、「私は、太陽の様なお前を羨んだ!月ではなく太陽になりたかった、しかし私は、当主の器では無い、帰蝶は、明智軍が保護した」…秀吉が討にくる事を伝えサブローにお前は逃げろ!と言い信長(サブロー)を逃して光秀はその場に残るんですが、ミッチーいい奴やん!と思って見てました!

でも何故に本能寺攻めた?と疑問がありましたが、敵をあざむく為には犠牲も必要な時代だったんだろうなぁと感じました。そして帰蝶ちゃん無事!

ミッチー●す‼︎

本物の信長(光秀)
さらば…信長」とつぶやく。
この時、一瞬「え?逃したのはめるため?とか思ってしまいました(笑)」

其処へ羽柴秀吉登場!
向かい合う二人!
ミッチー「もう終わりにして欲しい、復讐するのは私だけにしてくれ」と頭をさげる。

もう一度忠告しますが、セリフはうろ覚えなので、なんとなくです!

頭を下げてまでサブローや帰蝶を守ろうとするシーンはちょっと感動物です!あの織田信長が人の為に頭をさげるのですから!

 

しかし秀吉は、ゆるしません!「お前をコ●して皆もコ●す、織田信長を殺ったのは明智光秀だと謀反の罪を奴(サブロー)に着せてコ●す」と!
そして無惨にもミッチーは、秀吉に切られてしまいます!

さよならミッチー!ありがとうミッチー!

 

復讐の開始⁉︎

秀吉は、織田信長が明智光秀に討たれた!殿の敵は、殿と同じ顔をしていた明智光秀だ!と、ココから信長(サブロー)は明智光秀と皆に感違いされ追われる身に!

秀吉なんて賢い!そしてなんてこの役が似合う山田孝之!

さらば…サブロー!

明智光秀が織田信長を討ち逃げている!
織田家臣達にその事が広まり、殿の仇を討ち明智軍を追い込むため織田の家臣軍が動き出す!そして、明智軍に保護されていた帰蝶もまた、謀反者と通じていたという罪で命を狙われる事になる!

その事は、池田恒興。恒ちゃんの耳にも!
明智を討っては駄目だ!殿を探さなければ」とサブローと帰蝶を探しに行く恒ちゃん!

 

明智軍に匿われていた帰蝶は、羽柴軍に見つかり危うし!逃げる帰蝶!危ない!と思った何処でサブロー登場!

そして2人は寺へと逃げこみます!

其処へ兵達が押し掛けて来て…絶対絶命か!

光秀様からの使いです!」やってきたのは明智兵、話によると

全て光秀様から聞いております!あなた方は此処でもう暫く身を隠していてください。明智軍は、明朝、羽柴軍を攻めます!」ミッチーは、こうなる事を知っていて、家臣達に後を託したのです!残された2人は一晩過ごすんですが、ここでちょっとラブシーンでもあるかと思った私は変態か?(笑)

何事も無く朝を迎え、サブローは、羽柴軍に立ち向かう事を決めます。門へ向かうサブロー。
サブローがいない事に気づき駆け出す帰蝶!

 

⚠︎ココからのセリフは、なんとなく覚えているので完璧ではありません。

 

image

出典元:リンク

帰蝶「どうして行くのじゃ!一緒に生きようと言うたではないか!
サブロー「俺、行ってくるよ!未来の為にも」…
帰蝶「…行くのか?…ならば行って参れ。
サブロー「ありがとう、今まで帰蝶といっぱいデートもしたね?いっぱい喧嘩もしたし…何か前にもこんな事あったね?
抱き合う2人!

サブロー「帰蝶、大好きだよ!俺この時代で帰蝶に出会えて良かった!俺絶対忘れないから。

サブローは帰蝶を置いて明智光秀として戦へと行ってしまいます!

1人寺に残された帰蝶。…「殿!」

image

出典元:リンク

恒ちゃん登場!
帰蝶「あやつは行ってしまった…もう二度と逢えぬ。
恒ちゃん「帰蝶様、それは違います!これを殿から預かって来ました。」と帰蝶へ包みを渡す。
包みを開ける帰蝶。その中味は…指輪でした!
恒ちゃん「コレは、側にいる証だと
このシーンは涙無しでは見れません(泣)
帰蝶ちゃんボロ泣きです!

その頃、羽柴軍と向き合う明智軍とサブロー。

最後の戦が始まる⁉︎

 

サブロー「突撃!」
圧倒的に兵の数に負けている、明智軍!バタバタと倒されて…サブローは遂に捉えられてしまいます。秀吉の前に連れて行かれたサブロー。

ココからのセリフは忘れてしまいましたが、最後にサブローは、秀吉(サル君)に。

後は、頼んだよ、戦の無い平和な時代が来る様に」みたいな事をいい、秀吉に討たれてしまいました!

サブロぉー‼︎‼︎

まさかの展開!

倒れたサブロー。
しかし…目を開けます!

サブロー「えっ!あれっ?
起き上がると其処は何故かあの大きな木の下です!辺りを見回していると、トラックのおっちゃんが、

おめー何やってんだ?」そう!サブロー現代にかえって来ちゃいました!

あれから何年たったのか?行方不明で大変な事になってたんじゃないか?家族は?とかいろいろ疑問を残しつつ、サブローいつの間に社会人でした(笑)

 

帰蝶の伝言!時を超えたメッセージとは?

仕事へ向かおうとするサブロー、するとポストに郵便物が届き、中を開けると手紙とUSBが!

 

手紙の内容は…
サブロー様始めまして、私は戦国時代にタイムスリップし、カッパとして捕らえられていました、ですが、帰蝶様から助けて頂き、支えていました。と。あなたが羽柴軍に倒された後、遺体が消えてしまった事、帰蝶様は、きっと未来へ戻ったのだろうと、もし私が未来へ戻れるなら、メッセージを残したいと言う様な内容でした。この方も首を切られ現代に戻ってきたみたいです!

 

パソコンにUSBを差し込むサブロー。
其処に、帰蝶ちゃんが映し出され…

セリフなんとなくですが…

帰蝶「ウツケ!元気にしておるか?コレを見ていると言う事は、お主は生きておると言う事じゃな?お主が居なくなり、秀吉が天下を取って乱世の世は平和になった、お主の志は伝わった

と感動のシーンなんですが…

いろいろ疑問がたくさんです!
えっ?ビデオ取れるの?電源つくの?USBずっと持ってたの?など色々謎が沢山(笑)

因みに、古田新太演じる松永さんも現代に戻ってました!ニュースで組長として捕まえられてました!(笑)

サブローが去った戦国のその後をもう少し見たかったなというラストでしたが、とてもいい映画でした!ちなみに、明智光秀の頭巾が映画版は、黒になってます!

色々ふまえてもう一度観たくなる映画でした!
原作の信長協奏曲は、まだラストを迎えてないので、原作のラストも気になる所ですね!

長い文読んでいただきありがとうございました(^人^)


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
    • ブラック
    • 2017年 1月13日

    やっぱし信長協奏曲すごい!モリリンが死んだとき泣いちゃいました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ