勉強出来ない子供達に教えなきゃいけない事とは?潜在意識とは?

この記事は5分で読めます

勉強が出来ない子供達に教えなきゃいけない事とは?

こんにちは

初めに読んで頂いてありがとうございます。

勉強が出来なくて困っている子供たちは下に方法を書いていますので、下にスクロールして読んでください。

必ず、いい結果が見えてきます。後悔するくらいだったら実践してください!実践しないのと実践するのでは明らかに成績が違ってきます。

 


スポンサーリンク



本題に入っていきます。

子供も大人も基本は勉強なんてやりたくないですよね。

大人は、子供たちに勉強しろ!と言います。

理由は、

  • 親の様になってほしくないから。
  • 勉強していたら将来性が高くなるから。
  • 大人の理由で、子供達が馬鹿だったら親の顔がないから等。

勝手な親の理由です。

もちろん親が悪いわけじゃない。

親も子供達に良い将来を期待しているのです。これも勝手な親の理想かもしれないですね。

もちろん間違いじゃない。

子供達の言い分を聞くと、どうしても子供たちはサボる。

当たり前です。

子供は基本的に

  • 友達と遊びたい。
  • ゲームがしたい。
  • ※欲望のまま行動していきたいのが子供です。

親は子供に勉強しないさい!と言うものです。

なぜ?

親はなぜ勉強しろと言うのですか?

言ったところで子供達は勉強しません。

勉強させたいのなら、子供たちにまずは教えてあげましょう。

勉強しないとどうなるの?勉強したらどうなるの?

この2つの事は同じようで、全く違います。

答えることが出来ますか?

例えば、勉強しないとどうなるの?の質問から。

勉強しないと成績が伸びません。

  • 学校の成績が伸びない。
  • 勉強のやり方がわからない。(やり方がわからなければ、将来何かを始めたい時に勉強のやり方がわかる。)
  • 自分で考える力が弱くなる。(普段の友達との触れ合いや付き合いなどでも学ぶ事は多いですが、考える=自信で調べる力が無い

調べる力というのは今後の社会ではとても大事な分野になってきます。

既にインターネット社会とも言われている世の中です。

わからない事はグーグルに聞けばほとんどの答えは出てきますよね?

その調べるという行為が苦手な子供たちが多いのはご存知ですか?

調べられないのではなく、調べる事をしないんです。

興味があれば調べるかもしれないですが、調べてもわからないことは、わからないままにしておくでしょう。

そんな人間になっては困ります。

調べる力がある子供と無い子供では、成績も社会的にも遅れを取ることになります。

それぐらい今後の社会では重要な課題になってくると思います。

成績が伸びなくてもいい。やり方がわからなくてもいい。調べる事が出来る子供になれば、自然と全てが出来るようになっています。

 

勉強したらどうなるの?

もちろん高学歴のエリート!高学歴での優れた社会地位が築く事が出来る。

しかし、勉強が出来て良い仕事につけるのか?

そうじゃないですよね?

勉強していれば確かに夢は広がります。

それは子供の夢と関係のある勉強ですか?

中には大学を卒業していないと就職出来ないような仕事がありますよね。そんな夢を子供達が追っているのですか?

もし追っているのなら勉強をさせるべきでしょうが、勉強をさせる!のでは無く。子供たちが勝手に勉強している。

そんな環境じゃないと意味がありません。

大人が勉強をさせている。そんな考えならダメです。

子供たちが勉強を進んでしないといけないんだ!勉強したら目標に近づける!

この様な気持ちにさせなくてはいけません。

子供達が自らこの気持ちになるのは難しいでしょう。だから大人がサポートしてあげなきゃ!

そのための親でしょ。いや、勉強させるためには、大人が、まずは勉強しないといけないのかもしれないですね。

子供たちの潜在意識を向上させて勉強をさせるようにしていきましょう。

潜在意識を向上させる目的は?潜在意識を向上させるには?

これは学生さんたちにも必ず読んで実践してほしいですね。

あなたは調べる事が出来る人なので頑張ってくださいね。必ず成功者になれる資質があります。

まずは、潜在意識を向上させる目的について

潜在意識とは?

勉強をしなきゃいけない!という考え方は捨てましょう。というより、勉強しなきゃいけない!のでは無いのです。

あなたは洗脳されていますか?考えてください。大切なことです。

  • 勉強しなきゃいけないのはなぜ?(勉強する目標がありますか?)
  • あなたの今後の目標がありますか?(夢や将来について)

上記をしっかり確認しましょう。

確認することで、あなたは常に勉強をするのはなぜ?という質問を脳にインプットすることが出来ます。

インプットするとどうなるのか?

あなたは勉強をするのはなぜ?という質問について、あなたの脳が質問の答えを探すようになります。

これは科学的な事ですが、質問することによって脳は答えを探すのです。大切なことなので2回言いました。

この答を探すということは、あなた自身の目標を思い出す役割をします。

小さな目標でもいいのです。目標を達成すれば人間は、次、その次。と自身をステップアップしていけます。

小さな積み重ねがやがて習慣へと変わります。

その習慣は将来必ず役に立ちますし、ネット社会へ入るためにも必ず必要な武器になります。

だから、潜在意識の向上をすれば勉強も出来るようになる。というよりは、勉強なんて苦ではなくなるし、楽しくなる。

 

勉強が楽しい!って子供って最強なんですよ。

勉強が楽しい!って思えるようになるには、やはり潜在意識の向上はかかせません。

要は興味を持ってもらわなければいけないからですね。

興味を持たせるって難しいですよね。

しかし、最初は嫌かもしれませんが、習慣をつければ子供は苦を感じなくなります。多少はあるかもしれないのですが、最初のような「嫌だぁ~~~~~」と言うような考え方にはならないでしょう。

 

次に潜在意識を向上させるには?


スポンサーリンク


これは本当に簡単なことなのですが、目標を紙に書くだけで十分です。

あなたの目標を紙に書いてください。

例えば、

今度のテストは絶対に20点はプラスにする

~する。と言い切りましょう。

必ず言い切りの言葉で書いてください。

その紙は毎朝見るようにしましょう。

トイレに紙を貼るなどでもいいですね。

本当に些細な事で結果がかわってきます。

嘘だろ~~~?って思うと思うのですが、やっている人が身近にいますか?

やっている人は、その目標を忘れません。目標を忘れないということは、脳はその目標を達成するためにひたすら考えてくれるのです。

脳は使われていない部分がほとんどなのは知っていますか?

90パーセント近く、脳は働いていないのです。

この90パーセントを働かせるように目標は立てるようにしましょう。

まだまだ、信用できませんよね。

人間の脳は凄いんですよね。

目を閉じて下記の質問をしてください。

「あなたの周りにえんぴつは何本ありますか?」

 

 

探しましたか?

 

 

 

そぅ。

脳が勝手に探すんです。

質問をされたら答えを用意したくなるのが脳なのです。

例えば、正月の初詣で浴衣を着た女性は何人いますか?

「浴衣」を探すでしょ。

これと同じで、目標を立てていれば、そこに近づくために脳が答えを探し続けるのです。

これは、ビジネスにおいても一緒です。

全てに使えるので、目標は紙に書いて頭にいれるようにしてください。

やれば必ず変わってきます。

あなたの知らない内に、潜在意識が探してくれます。

だから今すぐ紙に書いて実践してください。

~~まとめ~~

  1. 目標を紙に書いて毎日見る。
  2. 目標は無理な目標でもいい。
  3. 目標が達成できるものも用意する。
  4. 子供達に教える時には、まずは将来の話や大人の体験談などを話すといいですね。
  5. 子供達には勉強しろ!勉強しろ!とは言わないようにする。(逆にやらなくなってしまう。)まずは、小さな目標を立て、達成したらめちゃくちゃ褒める。どんな小さなことでもいい。例えば、今日の宿題を親に言われずにやる。これだけでも褒めるのが大事。素晴らしいことです。進んでやっているということが、この先どれだけ大事なのか親もわかる必要があります。
  6. 目標は常に持つこと!

勉強は誰もやりたくない。

しかし、必ずいつか役に立つ時が来る。

何かの話題につかったり、本当に将来役に立ったり。

必ず、損をすることはない。

この記事を読んでいても損することはない。

覚えておいたら、必ず成功者になるだろう。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

感想などありましたら、コメントを残していただけるとありがたいです。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  2. tumblr_ngszfk9HJX1qfirfao1_1280
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ