大島優子が舞台セリフNGワードは?あの言葉は嘘だった?

この記事は2分で読めます

image

大島優子が『美幸ーアンコンディショナルラブ』の発表で抱負を語っている!

森三中の大島の旦那(鈴木おさむ)が監督で、大島優子と鈴木浩介との2人芝居『美幸アンコンディショナルラブ』が東京本多劇場で5月12日から24日まで公演されます。

優子も「本当に衝撃的な単語が多いんです。コンビニの奥の方に並んでいる雑誌とかに出てくる言葉」と“下ネタ系”であることを明かした。「人生で一度しか言わないだろうから、言ってみたい」

引用元:リンク


スポンサーリンク


人生で一度しか言わないの?決めつけるなんて勿体無いですよね。これから先の人生は、今まで生きてきた中の2倍は生きれると思うのに、そんな発表はしなくてもいいやん?逆に、どんどん言っちゃいなよ!って思っています。

大島優子も大人になりましたね〜!

大島優子の舞台セリフNGワードは?

演技をやっていく中で、大島優子が舞台セリフNGワードを自ら作ってしまっている?

いままでNGワードの下ネタで攻めるつもりは無かったのでしょうが、大島優子は『言ってみたい』と言っています。

これは事務所などからの圧力で、『言うな!』みたいな制約があったのかもしれませんね。日本のアイドルって、恋愛禁止みたいな風習があるのが…。会社が痛いめに合うかもしれないでしょうが、恋愛ぐらい個人の自由だと思うのに…不思議です。

image

出典元:リンク

あの言葉は嘘だった?

コンビニの一番端の冊子は大人の本棚。

大島優子が言う『人生に一度しか言わないと思う!』

まず下ネタである言葉に違いないはずだよね?

女子でも下ネタはバンバン言っている世の中で、一度も口にしたことが無いとかありえるのだろうか?

私の娘は1中学生から下ネタを言うようになった。女の子の友達が遊びにくると、その話題で盛り上がっては楽しそうにしている。

女友達も女同士なら下ネタで盛り上がる。って話は良く耳にする。

大島優子だって例外では無いはずだ。例えアイドルであっても、仲間だけなら一度は口にしているだろう。

秋元康氏の『無理をしなさい』とは、一体どんな意味があるのでしょうか?

やはり、将来的に役者としてNGワードが沢山あるようじゃ、やって行けないから、あえて使ってくれたのかもしれないですよね。

逆にファンが怒ったりするのでしょうか?


スポンサーリンク


男ならウェルカムなんじゃないのかな?私はそぅ思いますが…。女としての魅力に磨きがかかって、演技の幅も広がるので、この舞台をキッカケに濡れ場シーンも多くなっていく可能性が高まりますね!

〜〜まとめ〜〜

大島優子の舞台は『美幸アンコンディショナルラブ』5月12日より東京本多劇場で公演されていく。

コンビニの一番端の冊子には18禁の本棚が展示されている。

まず下ネタの事を示唆しているでしょう。

激しい愛を表現した舞台となっているようなので、一度経験してしまえば、これから先も同じような演技は出来るようになると思うので、大人の魅力を引き出されて、色んな所で使われていくかもしれませんね!

個人的には学園モノのドラマなんかに出て欲しいと思っています。

最後まで読んでいただきありがとうございました!


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  6. image
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ