大河ドラマ、井伊直虎とは?柴咲コウが演じる女将軍の謎

この記事は2分で読めます

(柴咲コウ)主演の大河ドラマ、女将軍、井伊直虎って誰?

井伊直虎とは? 井伊直盛の娘として誕生。井伊直盛については下記で簡単に説明します。

井伊直盛とは? 井伊直宗の子。 三岳城の陥落で今川に仕えるようになる。 桶狭間の戦いに大将として出陣。 織田信長の拠点を奪ったりと、かなりの活躍をする。 今川軍はかなりの優勢だったのは知っていると思いますが、本来なら、織田信長が負けるはずだった戦いなんですよね。 しかし! 井伊直盛の兵が休息中に織田信長の本隊が猛攻撃。井伊直盛は多くの兵を失い、そのまま総大将の今川義元が倒れる。 井伊直盛はこの戦いで仏になりました! 現在では、静岡県の龍潭寺(りょうたんじ)という場所で祀られています。 ひょっとしたら、ロケ地として訪れるかもしれませんね‼︎

井伊直盛には男の子が産まれなかったので、跡継ぎがいなかった。 跡継ぎを 直盛の従兄弟になる井伊直親を婿養子に迎える予定だったのだが、直親の父と弟が今川義元の謀反の罪となり直親は今川を去るしかなかった。 従って、井伊直虎は井伊直親と共に謀反を背負い逃亡することになります。 かなり可哀想な人生ですよね。 この時代の女性は、男女差別が半端ないっす! 父は無くし、謀反までかけられる必要まで無いですよね。誤字はすみません。運営上仕方ないのです。 雑談はさておき、次‼︎

スポンサーリンク

井伊直盛は今後、改名して再度、今川の元に仕えるのです。しかし!またしても井伊直虎の不運が続いてしまいます。

image 井伊直盛が今川に戻り、奥山親朝の娘を正室に迎えます。 ……? 嫁が出来たの? 井伊直虎は? そうです。井伊直虎は結婚する事は無かったのです。好きじゃなかったならいいのですが。もし直盛が好きだったら本当に可哀想。 しかも一緒に逃亡までさせられてですよ! たまりませんね。 その後、今川氏真の手により他界します。 なぜか? 誰かの讒言(ざんげん)のせいです。 ※讒言とは、おとしいれると言う事ですね。   そしてこの後の家中を支えている者達はまだ生き残っていたのですが、犬居城、引間城を攻めているうちに無くなります。 こうして家中を支えていた者もいなくなり、井伊直虎は拠り所まで無くします。   以後、井伊氏の当主になります。 女でもすんなり当主になれないものですかね。女として産まれたが為に苦労し続けて、たらい回しにされ、最後に辿り着く場所。 それが徳川家康の元なんですね。 井伊直虎、頑張ったと思いませんか?不屈の精神ですよね。

徳川に仕えた井伊直虎。今後は徳川四天王と呼ばれるほどの努力をしていく。

image

徳川につき、武田信玄との戦いで敗戦を繰り返す。 そんな中、 三方ヶ原の戦い 野田城の戦い この2つの戦いでも敗戦するが、武田信玄が病に倒れるため、好機が訪れる。 やっと自分の井伊家の城を奪還する事に成功するんですね!ここから彼女の運気が回復していきますよ! 今後は四天王に遡っていきます。独眼竜みたいですね(笑)  

ドラマでは、上記で説明した部分を濃ゆく描かれていくはずですが、井伊直虎はどんなキャラ設定なんでしょうか?

主演の柴咲コウですが、独特の雰囲気がありますよね。 あのままの雰囲気が欲しくて井伊直虎役にしたのだとしたら、確かに雰囲気ではあってそうな気がしますね。 女優の選択は良かったのではないかなと勝手に思ってしまいますね。 予測ですが、キャラは気の強く、負けず嫌いで、人が守ってやりたくなるような人物になっているのでは?と考えています。

〜〜〜まとめ〜〜〜

  1. 柴咲コウが演じるのは井伊直虎。
  2. 井伊直虎は壮大な物語を持っていた。(上記で詳しく説明しています)
  3. 徳川に仕えて、四天王になるまでスピード出世します。
  4. 2017年に放送予定されている。
  5. 製作に1年かかる
  6. 不運続きの井伊直虎だが、井伊氏の城を三度取り返す。
  7. 次郎法師とは2つの井伊氏の惣領を繋ぎ合わせた名前で、上記で説明していた逃亡時代の別名。
  8. 生涯結婚することは無かった。

こうして、井伊直虎の生涯を終える。 今まで騒がれていなかった人物が取り上げられて、歴史に興味を持ってくれる人が増えていくといいですね。 大河ドラマは、現代の若者達に見て欲しいですね。 読んでいただきありがとうございました! 読んで頂いたついでに、あなたは歴史上の人物で誰が好きですか?良かったらコメントに記載していかれて下さい( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ