宇佐神宮、誰もが行きたい理由がある!願い地蔵とは?どこ?

この記事は2分で読めます

大分県にある宇佐神宮。誰もが行きたいと思う。その理由とは?願い地蔵とは何か?一体どこにある?

本日、念願だった宇佐神宮へ行ってきました。

かなり大きな神社なので、全て回る事は出来ませんでした。

しかし、人の多い事。雨が降っていても人が多い!

宇佐神宮へ誰もが行きたいと思う理由は?


スポンサーリンク



既に大分県のパワースポットとなっている宇佐神宮。

国宝の宇佐神宮本殿。

一之御殿、二之御殿、三之御殿が横並びになっていて、凄い迫力をだしています。

天皇も訪れているようで、看板などに紹介されていますよ。

7年程前までは、白い馬がいたようなのですが、既に亡くなっているようですね。

この馬が白かったので、絵巻には白い馬が描かれているのですね。

ここは勝負の神様が宿っています。

この本殿奥には樹齢何年かはわかりませんが、それは大きな大木が奉られています。

その木にの周りを一周し、手を当てると、願いが叶うとされているのです。
image
魅力的でしょ?

あら、そうでもない?

しかし、大抵の方はこのご利益を目的として伺われていると思います。

宇佐神宮へ行きたくなる最大の理由!願い地蔵とは?

image

そう、このお地蔵さまこそ、わざわざ足を運んでまで宇佐神宮へ行きたくなる理由なのです。

はい。


スポンサーリンク


願い地蔵とは、その名の通りなのですが、

あなたの願い。一生に一度の願いを叶えてくれる

すっご~~~~い。お地蔵様なのです。

一生に一度だけですよ!

こんな魅力的なお地蔵様。今までなぜ知らないの?

あまり知られていなかったので不思議でした。

知られていない理由は、このお地蔵様。

とっても偏屈なところにいるんですよね。

普段なら神社の参拝にきた人なら、まず行かない場所なので、見つかりにくいです。

後で場所は説明するので、今はこのお地蔵様のご利益についてです。

このお地蔵様に願ったものは必ず叶う。

叶うと、このお地蔵様の元へ挨拶にいかなくてはいけません。

あなたの一生で一度だけのお願い。

なんて伝えますか?

しっかり考えておいたほうがいいですよ。くだらない願いはやめておきましょう。

願い地蔵はどこにある?

image
パンフレットが本殿へ行かれた時にありますので、手に入れてもらったほうが説明しやすいのです。
image
簡単に言うと

    1. 願い地蔵は西にある。
    2. 西の呉橋(くれはし)という赤い橋が2つある。駐車場のところ。

image

    1. 橋から本殿へ向かわずに、右手にある大きな石があるほうへ登っていく。(川沿いの方)

image

  1. 天満社という少し古い感じのものが正面に見えてくる。
  2. そこの左側に「願かけ地蔵」が存在している。

パンフレットを見れば、西の呉橋(くれはし)から少し上の方に願かけ地蔵とかかれているので、わかりやすいはずです。

 

~~まとめ~~

大分の国宝。宇佐神宮は本殿にある大きな大木に勝負の神様が奉られている。

  • 大木は一周して手で触る!
  • 本殿の絵巻の馬は、元々飼っていた白い馬をモチーフに作られている。(飛躍の意味もあるようだ)
  • 願い地蔵が存在している(願いが一生に一度だけ叶うという魔法のようなお地蔵様)
  • お供え物はもっていったほうがいいと思う(個人的に)
  • 叶えば、叶った挨拶をする。

是非、一度は足を運んでみてください。

後悔はしないこと間違いないです。

時間がある時にじっくりと、宇佐神宮まわってみてくださいね。

きっと、まだまだ知られていないような発見が出来るかもしれないです。

良いご利益があると良いですね。

この記事が役にたてたら幸いです。

ありがとうございました。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ