滋賀県おおつ近江米カレーが彦摩呂も絶賛?お店グルメ情報や材料も

この記事は2分で読めます

image

ドラGO!滋賀グルメドライブで放送される番組の内部は?

こんにちは!2016年3月6日に放送される『ドラGO!』滋賀県大津市から琵琶湖の対岸までのドライブとなっています。

世界卓球があるため番組は休止になるかもしれないようです。

 

今回の番組の内部

image

★大津市内の一軒家レストランの「おおつ近江米カレー」は、2種類のルーの上に豪快に焼き上げた近江牛が!

★滋賀が誇る「比叡山延暦寺」では大改修に入る国宝のお堂を見学し世界遺産を満喫!

★県民の胃袋を鷲掴みにしていると聞いて長浜市へ。その「サラダパン」とは!?

★創業以来180年を超える老舗のお店で、北大路魯山人にも愛された「鴨すき」に舌鼓。食通たちをうならせてきた名物グルメを堪能

引用元:リンク

最近は番組で滋賀県の話題がよく取り上げられていますね!先週のケンミンショーでも滋賀県の話題が上がっていました。

今回の番組内部の中のサラダパンについては、行列のできる相談所で島田紳助が『まずい』と言ったことにより全国的に広がったようですよ♪

関連リンク↓

ドラGOで彦摩呂を唸らせるサラダパンとは?お店の場所や住所は?

サラダパンについて書いていますので

良かったら読んでいってください♪

今回は新しいグルメの『おおつ近江米カレー』についての情報を記載しています。


スポンサーリンク


彦摩呂も絶賛?の『おおつ近江米カレー』とは?

image

そもそも近江米とはなんなのか?

近江米は滋賀県産のお米の事を言います。

滋賀県が近江米と呼んでいるお米は以下の欄です。

  • コシヒカリ
  • キヌヒカリ
  • 秋の詩
  • 日本晴
  • みずかがみ
  • ゆめおうみ
  • レーク65
  • 滋賀羽二重糯(しがはぶたえもち)

皆さんも知っているブランド米もあるのではないでしょうか。平成25年に出来た新しい品種の『みずかがみ』は期待のお米です!

 

未だに食べたことは無いですが、コシヒカリやゆめおうみの親として生まれているので、絶対に美味しいやろ〜って感じですよね♪

おおつ近江米カレーとは?


スポンサーリンク


近江米を多くの人に味わってもらいたいと生まれたご当地グルメです。

この近江米カレーは各店舗で使用されているお米が違いますが、必ず近江米を使用する事が条件の一つ!

次に2種類の味を楽しめる工夫をしている!

現在は近江米カレーを広める活動も行っているようで、近江米カレーを出せるお店も募集もされているようですよ。市が力を入れて名物化を進めています。

頑張ってほしいですね♪

『おおつ近江米カレー』の食べることが出来るお店情報や材料は?

image

滋賀県大津市の店舗は拡大していってるようです。現在はまだまだ増えている可能性があるので、そこはご理解下さい。

 

まず材料ですが、近江米を使用し郷土料理や滋賀の野菜を中心とした材料を多く使われています。お米が滋賀県産なら近江米カレーって言ってもいいのかもしれないですね(笑)

 

店舗紹介

  • レストラン・ザ・ガーデン(琵琶湖ホテル)
  • ダイニングMOO
  • つなぐキッチン(ラーメンひばり)
  • ちっち&ミッキーの美味しい料理屋さん
  • なぎさWARMS(なぎさテラス)
  • ステーキ&シーフード ニューヨーク(大津プリンスホテル)
  • ビアホール キッパーズキルシェ(大津店)
  • ダイニング 叶 匠壽庵(大津サービスエリア上り線)

多くの店舗には近江牛が使われています。

近江牛とは?

image

三大和牛とされる黒毛和種の和牛。

滋賀県の最も長く肥育された場合だけに呼ばれるのが『近江牛』と言うそうです。より優れた牛って事ですね!

 

これをカレーに入れているなんて贅沢ですよね♪

近江米カレーの値段はそんなに高くないし、琵琶湖を訪れる際には食べて見ようと思います(^人^)

〜〜まとめ〜〜

滋賀県大津市の近江米カレーは、現地の材料を厳選されたもので、贅沢なカレーに仕上がっています。

一つで2度美味しい♪2回味わえるなんて魅力的ですよね!

彦摩呂の名言も炸裂しちゃいそうですね(笑)

番組が放送されるのか分からないところですが、楽しみにしています(*^^*)

それでは(^_-)ノシ


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  2. image
  3. tumblr_nnyprqNUkX1qfirfao1_1280
  4. image
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ