真田丸第12話の感想ネタバレ!家康の状況や上杉景勝と信繁の友情

この記事は4分で読めます

image

真田丸第12話の感想ネタバレ!

『追記あり』

真田丸第11話で梅と真田信繁の祝言がありました。

また、幼馴染同士の室賀正武と真田昌幸の名場面でもありましたね!祝言を策として使われた源次郎は心が傷ついたようです。

真田丸第11話については↓

真田丸第11話を観た感想ネタバレ!室賀と昌幸の計画の内容は?

第13話については↓

真田丸第13話の観た感想やネタバレ!梅がウザいと評判が悪い?

 

関連リンク→長澤まさみ大河ドラマ真田丸の演技が可愛い?キリ役は評判が悪い?

 

今回の第12話では『人質』となっています。

ご存知かとは思いますが、真田信繁は人質として上杉景勝の元へ行きます。

第12話では、なぜ人質として行ったのか?徳川家康との縁を切るため!上杉景勝の人柄と真田信繁の人柄について描かれているようです。

小牧・長久手の戦い

image

こまき・ながくての戦いとは何か?

豊富秀吉に勝利を収めた戦いですが、伊勢や尾張では豊富秀吉の軍が織田信雄の領土を占領していき、徳川家康と同盟者だった織田信雄を失った事により、豊富軍と戦い続ける力が無くなった。結果的には徳川家康は負けたとも言えるのではないでしょうか。

歴史に関係のない個人的意見ですが、徳川家康はいつ潰されていてもおかしくないのに、良く生き残ったな!良き家臣がいたのもそうだけど、天運も良いなって思います。

スポンサーリンク

徳川家康と真田昌幸

image

徳川が室賀正武を使い、真田昌幸の暗殺計画を実行し失敗に終わった。北条氏には和睦を結んだ事により沼田城を渡すと約束している中で、真田昌幸がいると上手くいかない。

沼田城を渡さなければ北条が敵に回るかもしれない。

敵に回れば豊富軍と北条の板挟みになり徳川が大ピンチになる。

また、真田が上杉につけば徳川は困る。徳川家康の心配性に本多正信も苦笑いしたようです。

 

真田昌幸は上杉景勝と再度手を組もうとしています。

徳川家康から暗殺計画を実行されたと分かっていても、簡単に手を切ってしまっては、真田は単独になってしまい窮地に陥ります。なので、徳川と対抗出来るように上杉に手紙を送ります。

上杉景勝と真田

tumblr_ng37kbjFNO1qfirfao1_1280

真田昌幸は何度か帰属したいとの書状を上杉景勝に送ります。書状の内容には『何でも意のままに従う』とされていて、上杉景勝は真田昌幸を試すことにします。

真田昌幸はどこまで無理を聞いてくれるのか?

上杉景勝の出した条件は『真田信繁の人質』。上杉に差し出せ!との内容でした。

真田昌幸は信繁に伝え、信繁は快く引き受けます。

三十郎と共に越後へ向かいます。

信繁は『この話、むしろよかったと思っている。父とはしばらく離れたいと思っていた』

春日信達や室賀正武の件もあり、傷心しているのか、昌幸の策が気に入らないのか、尊敬はしているんだろうけど複雑な思いなんでしょうね。

上杉景勝の元に行くのは本意だけど、やはり上田城に残してきた側室の梅が気になっているようです。

上杉景勝と漁民


スポンサーリンク


春日山城に着いた信繁は控え室で待つことになります。庭に目を向けると上杉景勝に漁民が何かを言っています。

『大名が民の訴えを直に聞くなど聞いたことがない。景勝は身分で分け隔てをしない方のようだ』

上杉景勝の人格が伺えますね。

漁民は北浜の長の治兵衛と南浜の惣代の又吉です。

景勝は2人の言い分をしっかりと聞き良い答えを出すと伝えます。

上杉景勝と真田信繁

tumblr_ng38ckJ0cs1qfirfao1_1280

上杉景勝は真田昌幸の覚悟を見るためと真田信繁に興味を持っていたからです。

『会いたかったぞ源次郎』

私は上杉景勝と出浦昌相の2人の役がめちゃくちゃ好きで、遠藤憲一の演技に惚れ惚れし、寺島進のイケメンぶりに感激しています!

ε-(´∀`; )

久しぶりに感情が掻き立てられるような演技をしてくれるからマジで見応えがあります。

 

仏間へ案内をし、上杉謙信の位牌の前で手を合わせ、信繁に語りかけます。『上杉は義のある戦いしかせぬ。謙信公の教えじゃ。沼田の一件、信繁は誰も犠牲にせず北条を追い払った。民を大事にする謙信公の心をわしは見た』

今回も感情が入りますね〜!

こんな熱い思いをぶつけるなんて、よほど真田信繁を気に入っているんでしょうね。真田への恨みなんて感じらず、尊敬しているんじゃないのか?ってぐらいですよね。真田信繁って色んな人に好かれますね。

直江兼続と真田昌幸

tumblr_ngfvoy5EBF1qfirfao1_1280

上田城にいる昌幸に直江兼続から手紙が届いた。

沼田城を上杉に返してほしいとの内容に昌幸は信繁の仕事だと、真田信繁に問題を投げつけます。

直江兼続は真田の本心を探っているのか?

父から頼まれた信繁は、ストレートに上杉景勝に意見します。景勝は何も知らず、直江兼続に話してやるとの内容です。

 

その後漁民が来て、この前の問題解決をしてもらいに来ます。しかし、何も解決しないまま追い返した事が気になってしまいます。

景勝が戻ってきて『今のわしには話を聞いてやる事しか出来ぬ。これが本当のわしじゃ』

信繁に素顔をさらし、期待を裏切ったのではないかと見つめます。

信繁はその言葉により一層尊敬し、景勝の性格を見抜き、沼田城の一件も兼続に話していない事に気がつきます。

直江兼続は『上杉は真田には手をかさない』

海へ向かう信繁と三十郎と景勝

tumblr_nim8ieC8351qfirfao1_1280

馬を使い海へ向かうと漁民が争う場面に出くわす。

信繁と三十郎は神社へ向かい、景勝は笠と頭巾で身分を隠しながら近づきます。

漁民は浅瀬の取り合いをしていました。

信繁は漁民に話を聞き首を突っ込みます。

言い分を聞き、正しい奪い合いじゃない。間違っていると感じた信繁は鉄火起請をやる事になります。

自信満々でやろうとする信繁に動揺し、景勝が『わしがいけないのだ』と話を割ります。

信繁の案は漁民から却下されるが、信繁の案で閃いた景勝が妙案を出し、問題は解決へ。城への道中、『お主のような子が欲しかった』と伝えます。

こんな事を言われたら嬉しすぎますよね!

上杉景勝(遠藤憲一)ありがと〜!最高です!

〜〜梅の出産〜

tumblr_njbw0udeJX1qfirfao1_1280

上田城で真田信繁の初めての女の子『すえ』を出産します。

知らせを受けた信繁は喜びます。

この梅の出産までは歴史通りみたいですが、第13話で梅が戦で亡くなります…。歴史では深く記載されていないので分からない部分になります。一説では九度山に流される際に上田城にいたのでは?九度山に一緒行ったなどの説があります。

三谷ワールドですね!

この出産の知らせと共に、上杉は真田と手を組む事になります。真田昌幸が沼田城を譲らなかったからです。簡単に渡してしまったんじゃ、何のために上杉と手を組むのか?と疑っていたようですね。

徳川家康さらば!VS真田

image

この上杉と手を組む事が確定した真田は、すぐに家康に手紙を送ります。徳川と縁を切る!

徳川は、敵に城を(上田城)造り、持逃げされた事に『ひきょうもの』と呼ぶようになります。豊富家には『ひきょうのもの』だったかな?奇策な奴で面白いと思われるようです。

以後、徳川は真田を滅ぼしに進軍します。

徳川軍7000VS真田2000

景勝は真田に援軍を出したいが、上杉が行っている戦があるため兵が出せず、真田信繁と上杉景勝は言葉を交わします。

真田信繁、上田城へ‼︎

真田丸第12話『人質』の感想

image

コチラは2016年3月27日に放送されるので、放送後に追記として感想を書きます。

これまでのあらすじや内容から、三谷監督が描く真田ワールドは次の章へ入って来た〜!って感じですね。真田信繁の門出のラストに入ってきたように思えます。

一見、真田信繁はまだまだ頼り甲斐もなく弱々しく見えますが、この後の決戦でどう成長させていくのか、三谷監督に期待しています。

『追記』

今回の12話は、やはり上杉景勝(遠藤憲一)がメインの回となりましたね。しかし、梅が妊娠していると言ったのが策だったとはね…。

まじかぁ〜。って思った。

梅って結構、腹黒いやん?まぁオリジナルストーリーだし、いっか!

やっぱ、女性陣の描き方に癖がありすぎますね(笑)

 

遠藤憲一の演技が素晴らしすぎました。

喜怒哀楽で、とても熱の入った演技に魅了されてしまいました。鉄火起請での堺雅人の機転も三谷監督が描いたストーリーなのかな?

上杉景勝に頼む真田信繁や漁民とお奉行のやり取り、このストーリーは上手かったですね!自然にいった感じがしましたね。

徳川家康についてですが、爪を噛む演技は、実際にあったのかが疑問に思いました。

13話でのクライマックスが楽しみです。

〜〜まとめ〜〜

image

徳川家康は真田昌幸を仕留め損ねます。この事により、沼田城を北条氏に渡せず、真田とも手を切り辛い状況に苦戦を強いられます。

豊富軍の行動も気になり、徳川はピンチの状態。

一方の真田は、徳川と手を切りたいが、切れば孤立してしまい真田の生き残りが困難な状態になります。なので、上杉と手を結ぼうとするのです。しかし、一度、上杉を裏切ったので簡単には信用もしてもらえず、条件を提示されてしまいます。

それは『真田信繁の人質!』

真田信繁と上杉景勝の友好関係により真田と上杉は手を組めることになります。

第13話では『決戦!』楽しみにしていましょう!


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ