真田丸第15話を観た感想ネタバレ!上杉景勝の演技が良い

この記事は2分で読めます

真田丸第15話を観た感想とネタバレ!

真田丸第14話から続きが気になって仕方なかった私です。

羽柴秀吉が登場するので、どんな風に描いているのかが楽しみでした。

関連リンク

14話の感想は↓

真田丸第14話を観た感想ネタバレ!真田信尹と上杉景勝の内容?

羽柴秀吉が上杉景勝との面談をサボり、真田信繁を連れ出し酒の席に行きます。

今回の15話はタイトルに『秀吉』とついているので、羽柴秀吉についての内容になっていました。

スポンサーリンク

秀吉の性格

大河ドラマで描かれている秀吉の性格は↓

  • 女好き
  • 酒好き
  • 遊び好き
  • しっかりした意見を持っているのに、自分の意見を信用出来ず人に聞くタイプ

陽気な性格で博識な方で家族を大切にする

私の見た印象はそんな感じでした。

初めて知ったのが、加藤清正も身内だったんだな〜って事です。

真田信繁と上杉景勝と羽柴秀吉


スポンサーリンク


今回はこの三角関係と秀吉の人物についての内容でしたが、羽柴秀吉が上杉景勝を試すような事をしました。

内容は、秀吉と手を組む代わりに、今後の徳川家康と真田の戦いには手を貸すなとの事。

上杉景勝は苦悩の末、千利休のお茶を飲み、生涯で一番苦いお茶だったと真田信繁に伝えます。

真田には手をかさないと意思表示なのか、千利休も心情を読み取ったように見えました。

真田信繁は理解していないようですが、羽柴秀吉には気に入られている感じですね!

この上杉の立場で考えると、私なら本当の事を源次郎に伝えます。気持ちを伝えなきゃ、一緒にいられないような気がします。

上杉景勝の真田信繁への今後の対応が気になります。

秀吉と源次郎の関係も面白くなってきました。

もぅ茶々に手を出したのか⁉︎との秀吉の問いに源次郎は焦りましたが、茶々のおかげで親近感も湧いたかのように見えます。

この時代から真剣衰弱があったんですね〜。

花札みたいな札に、それぞれの模様が入ってましたね。

感想まとめ

今回の真田丸第15話の内容が、ほとんど秀吉についてだったので、書く内容がないじゃん!って思っていました(笑)

上杉景勝を務める遠藤憲一の演技

羽柴秀吉を務める小日向文世の演技

とても良かったです!

真田丸に馴染んだ演技だったと思います。

15話で秀吉の人物が描かれていて、真田信繁の判断で真田家の行方が決まっていきそうな内容でした。

兄の真田信幸について、真田昌幸が話していた事が私には響きました。

真田信幸を認めていたんだな〜って。

結構素っ気ない対応をしていた感じがあったので、源次郎が大好きなんだろうなって思っていたのですが、しっかり見ているんだなって会話があった事が良かったですね。

今回はこれで終わります。

ありがとうございました!


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. image
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ