福岡ドームのコンサートに混雑や渋滞無し!穴場の駐車場は?

この記事は3分で読めます

image

福岡ヤフオクドームでSMAPや嵐のコンサートへ行くとき、渋滞や混雑をしない方法は?

私は福岡に住んでいます。

他県から来た方は、車に乗って来られる方が多いので、福岡ヤフオクドーム周辺の渋滞情報を知らないのかな?とか疑問に思ったので、渋滞や混雑しない方法を教えます。

まず、福岡ヤフオクドーム周辺

[コンサート開催時は、ヤバイくらい大変な混雑や渋滞を巻き起こしています!]

車の数が、通常の20倍と言っていいぐらい多いので、一度渋滞に巻き込まれたら、福岡ヤフオクドームの駐車場は使わない方が良いでしょう。

 

それでも福岡ヤフオクドームの駐車場に止めたいと思っている方へ!

スポンサーリンク

抜け道と呼べる道は存在していません!

前の車を追い越す事も出来きません。

 

一つだけマシな方法があります。

進行方向が間違った道を選択していないか?

福岡西区方面から車で走って来られる方!

早良署や西南学院高から福岡ドームへ行くと渋滞が避けられません!

橋が邪魔なんですよね。渡り切っても延々とドームまで渋滞です。この道は使わない方が良いでしょう。

西公園や都市高速道路から福岡ドームへ行く方!

福岡ドームまで一本道なため、やはり橋があるため大渋滞は避けられません。

しかし、コチラから来る方は左折出来るので、渋滞していそうなら左折して、明治通りへ抜けましょう!

左折すると一方通行ゾーンへ入る為、大渋滞している中でもスイスイ進めます。

唐人町付近も混んでいるのですが、一本道より遥かに進みます。

西区方面の方。西公園からの方。両者共に明治通りを目指して進みましょう!

大渋滞の道路よりは(橋を通らなくていいので)混雑していても、明治通りの方が早いです!渋滞しても行くよーって方は、福岡ドーム周辺の信号機の関係を把握しておくと、私の説明も理解出来ると思います。

私はこんな大渋滞や混雑をしてまで、車で福岡ヤフオクドームに停める理由が分からない!

image

私は渋滞や混雑をしない方法をご紹介します。

1.

渋滞や混雑するのが分かっているのに、わざわざ福岡ヤフオクドームに停めない!周辺の駐車場へ停めるべき。

(渋滞の時間を考えるなら、歩いた方が遥かに早く着きます)

2.

初めから車は別の場所へ停める!

福岡ドームまでの公共交通機関はバスしか無いので、大渋滞の中バスを使っても同じ事なので、バスなんて使いません!

唐人町駅まで地下鉄を利用するのが1番賢いと思います。

(福岡ドームまで歩いて10分程度です。)

道が分からなくても、人間が流れるようにドームまで向かっているので、集団について行けば間違いないです。

もう一つ!

イベントが始まる前の4時間前ぐらいから福岡ヤフオクドームへ行けば渋滞や混雑はないでしょう。

image

福岡ヤフオクドーム周辺の穴場駐車場は?


スポンサーリンク


正直な話、教えたくないですね…。(笑)

教えると使えなくなってしまう。

だけど、教えます!

 

まず、

福岡ドーム周辺の駐車場ですが、ほとんとが満車になります!

早めに来られている方は1番から10番までをご利用した方が良いと思われる場所です。帰りの渋滞を避ける面で使えます。

 

下記のリンクに地図が出てきますのでご確認下さい。

 

ヤフオク周辺駐車場の地図リンク

 

次に、1番オススメな穴場駐車場をご紹介します。

1番良いのは西新の駐車場を使うのがベスト‼︎

渋滞もしないし、駐車場も満車にはなっていなくて、探す手間も省けます。西新のドン・キホーテから福岡ドームまで歩いて約18分程度。歩くのが嫌な方にはオススメ出来ません。

 

駐車場は意外な

西新パレスボウルの駐車場!

駐車スペース85台。

8:00〜20:00が30分100円!

(最大1000円)

20:00〜8:00までが60分100円!

(最大600円)

この駐車場付近には、意外な駐車場が多いので、細い路地ですが回る価値はありますよ!

ちょっと口では説明が出来ないので…

目印がないんですよね。

駐輪場と交番の間を入って行けば、アパートの駐車場の一角が100円パーキングだったりと、意外な駐車場が存在しています。しかも料金も1時間100円と安いです。

後は、西新パレスボウル付近の神社みたいなところの駐車場は、まず満車にはなりませんのでオススメです。

 

明治通りの駐車場も良いのですが、料金が高いんですよね。

高くても良い方は、西新パレスボウルから福岡ドームへ向かう道中のパーキングエリアも良いですね!

 

地下鉄で唐人町駅に降りて、歩いて行った方が、1番良いです!

それでは、楽しんで来てください!


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ