長澤まさみ大河ドラマ真田丸の演技が可愛い?キリ役は評判が悪い?

この記事は2分で読めます

image

大河ドラマ『真田丸』の長澤まさみが務める演技が可愛い?

2016年に入って、真田幸村の人生を描いている『真田丸』。

真田幸村→真田信繁(源次郎)と呼ばれています。この真田幸村(堺雅人)と幼馴染の『きり(長澤まさみ)』の恋愛シーンがあります。

 

長澤まさみが演じる『きり』ですが、とても明るい性格で、サバサバした役を演じています。また、キリと幼馴染の梅(黒木華)との三角関係みたいな形になるのですが、真田信繁は幼馴染の『きり』に現在は恋愛対象とは見ておらず、そっけない態度で接しています。

image

また、真田信繁(堺雅人)は梅のほうが本音を打ち明けやすいことから、梅の方に話かけるのですが、キリ(長澤まさみ)は見ているだけで、少しシャイな一面も見せます。

しかし、とても気の強い娘で、若干毒舌なため、真田信繁の失敗についてグサグサと胸をつく言葉を吐き、犬猿されてしまうように見えます。

 


スポンサーリンク


第7話では、きり(長澤まさみ)が少し距離を詰めることになるのですが、人質として捕まっている『きり』は、真田信繁に救出されるシーンがあります。

大切な忘れ物をしたと、真田信繁に伝え忘れ物を取りに行くのですが、その時の演技で表情が非常に可愛いです。

忘れ物は『櫛』でしたが、どんな大切な意味が込められたものなのか明かされていません。

真田丸、第6話、第7話の長澤まさみ『キリ役』シーンが評判が悪い?

長澤まさみの演技は一体どうなのか?

実際、大河ドラマ『真田丸』の演技としては良いと思います。

真田丸の監督の世界観を出している内容なので、これはこれで良いと思っています。

完全にオリジナルストーリーが含まれているため、恋愛シーンを描くには現代っぽい感じが出ていてもいいのかな~と。

さらに、真田信繁の祖母『とり(草笛光子)』と真田信繁の母『薫(高畑淳子)』の第1話、第2話の演技についても同様に言えるのかなと思います。

image

真田信繁の姉の『松(木村佳乃)』の演技はあれでいいと思いましたね。松の行方を海へ身投げしたことにより、行方不明にさせたのと同時に、2年間の行方が分からない松の行動を補うという発想は良かったですね。ここは完全にオリジナルシーンなので、見ごたえがありました。見ていた皆も、松の行方が気になったことでしょう。

長澤まさみの演技が評判が悪い?


スポンサーリンク


真田丸の記事に書かれているログに、結構な不評が書き込まれています。

内容としては、長澤まさみだけじゃなく、「真田の女性陣の演技が酷い。長澤まさみの演技がひどい。演技がうるさい。」などなど。

また、長澤まさみが可愛いみたいな評判もあります。

tumblr_noco7zrrF31qfirfao1_1280

賛否両論ですが、戦国時代を演技するのなら確かに合っていない気がしますが、見方を変えると、真田丸に恋愛シーンを入れているのもどうなんだろうか?って思ったりもします。これは視聴率を上げるための作戦なのかな?とか、女性により多く見てもらうためのターゲットを絞った見せかたなのかな~なんてのも思ったりしますね。

 

監督も分からない不明な部分は、世界観を出していくみたいなことを書いていたので、全然ありなんじゃないでしょうか?

この世界観がなかったら、松は描かれていなかったかもしれませんし、そうなると第1話の武田家からのシーンも描くことが出来なかったんじゃないかと思います。

結構大河ドラマの内容はスカスカですが、見ごたえは十分にあるので、今後の真田丸、長澤まさみの名演技に注目していきたいところですね。

~~まとめ~~

これから長澤まさみ(きり)がどのように真田信繁と接近していくのかが、私は楽しみです。見所といってもいいのではないでしょうか。

長澤まさみが着ている衣装が鮮やかなのが気になります。当時の着物はあんなに鮮やかな色合いだったのか、今後、真田丸を見ている時に注目していきたいです。

 

キリ役のラストを締めくくることが出来るのか、長澤まさみの演技力にも注目していきたいですね。

真田丸は日曜日の20時からスタートです。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  2. image
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ