間寛平、借金返済地獄から切り抜けた方法とは?裏事情!

この記事は3分で読めます

間寛平が借金返済地獄から切り抜けた方法とは?

間寛平と言えば、癌と闘った過去がありますね。 癌にも勝った。芸能界じゃあまり勝ち組とは言えないと思いますが、彼の一生懸命さには涙しました。   1億円もの、借金を抱えてしまったら、一般人には到底返せない額ですよね。私も蒸発してしまいそうな気がします。かなり精神的にも追い詰められて、家族も崩壊してしまいそうです。  

借金返済地獄からの脱出の転機!


スポンサーリンク


間寛平といえばマラソンのイメージがらあります。 皆さんもご存知だと思うので説明はしません。 彼のマラソンのキッカケは「明石家さんま」の後押し。 初めは全然走れない人でした。 5km.10km.20kmと距離を走るようになります。   人生、崖っぷち。走ってどうなる?時間の無駄。 しかし芸能人。世界を走るとなると話題性があります。 話題性にスポンサーも投資をしてくれます。 番組も取り上げます。   走れなければ終わり。 走らなきゃいけない。背水の陣ですね。 引く事、弱音を吐く事、蒸発する事は絶対に許されないのです。人間、弱音を吐かなきゃ、必ず良い事があります。   「走れないかもしれない。きつい。疲れた。痛い。」などなど、ネガティブな事を言っていたようでは走れない!のです。   それは成功者の言葉では無い。 成功者は目標を立て、実現させるための道を作ります。 言い訳やマイナスイメージを持たないんです。   なぜか? マイナス思考はどうしても、「〜かもしれない。〜出来たらいいな。〜は〇〇だから出来たんだよね。」 そう考えるのです。   そんなんじゃ出来るものも出来ないし、夢は夢で終わる人です。   どうしたらいいのか? 言いきる事が大事。 「〜する!〜は必ず出来る」 この様に、言葉を変えるだけでも効果は現れます。   間寛平は成功者ではない! 間寛平が成功者だとすれば、あなたも成功者ではないのですか? お金は大切です。 成功者はお金じゃないんだよ。って言葉を吐きます。 確かにそうかもしれない。当たり前の言葉。成功者だからこそ言える言葉。 一般人はお金が必要。当たり前です。借金した人なら分かるはず、お金が無いのは気持ちにも余裕はない。   成功者になるためには、成功者との付き合いが必要です。 なぜか知っていますか? 成功者には不屈の精神力があるからです。 凡人に無いのは、その精神力。 成功者と付き合うと自然と成功者の意識や精神力が身につきます。お金持ちと付き合いなさい!と親から言われた事あるでしょ?アレは、この原理からきています。   間寛平に不屈の精神力があったのか? あったら借金なんて、していません。 もちろん間寛平が借金したわけでは無いのでしょうが、ハンコ押しまくったのは自身ですよね。甘い誘惑。甘い蜜を吸う。精神力が弱ってたら正確な判断も出来ない。   この借金返済地獄から抜け出した理由。 それは、歩くハンコの間寛平の裏事情にあります。

間寛平の裏事情!


スポンサーリンク


1億円という借金を背負って、娘と海で蒸発しようと考えた事があるそうです。 メンタルが、ボロボロ。 自分の可愛い娘に手をかけれますか? 暖かい、小さな娘の手が、彼を目覚めさせてくれたようですね。私は涙が出ましたよ。 そこまで追い詰められて、娘と蒸発。娘はわけがわからない。そんな親父でも好きなんですよ。   娘さんは、この会話は永遠に心に響くでしょうね。   そんな些細なキッカケから、明石家さんまの力もあり、共に過ごしてきた「比企啓之さん」に助けられた。   奥さんには離婚しようと告げる。 しかし、奥さんは、「借金じゃないんだよ。あんたが立派になったら別れてあげてもいい。今は別れられない。」夫婦の絆ですよ。一人じゃないんだぞ!って言ってくれてるわけですよ。   歩くハンコ屋と言う異名を持つ間寛平。 比企啓之さんがいなかったら、再起不能だったかもしれない。それぐらい、比企啓之さんが重要な役目をした。   比企さんが、返済スケジュールを考え、実行させる仕組みを作り上げた。目標を作ってやったんですよ。これが一番必要な取り決め。 目標は作らなきゃ達成出来ませんからね。   マラソンでは三たび明石家さんまがフォローしています。 勇気づけ役、カツを入れる役を果たしていますね。   間寛平の人柄の良さが、全てを元に戻してくれようと、周囲の人が助けます。 人柄が良いだけじゃない。 間寛平がやり遂げるていう、意識レベルが周囲を惹きつけ、応援。ファンができ、スポンサーがつき、上手く潤滑していきました。   この地獄を乗り越えたのです。 その先には、何を求めるのでしょうか? お金でしょうか? 家族との時間でしょうか? 今後の間寛平に注目していきたいですね。   読んでいただきありがとうございました。 何かの参考になれば幸いです。 何かコメントがありましたら、下記のコメント欄からお願いします。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  2. image
  3. image
  4. image
  5. tumblr_nc4liq1f501qfirfao1_1280
  6. image
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ