麻雀のカンチャン待ちとは?上級者を騙し引っ掛けを見抜く方法も

この記事は5分で読めます

麻雀のカンチャンとは何か?

この記事の全体は麻雀の中級者向けのブログとなっています。どこまで理解しているでしょうか?

 

関連リンク↓

初心者は特に読んだ方が理解できます。

中級者は初心者の気持を熟知していきましょう。

麻雀初心者がリーチ負けする理由は?勝つための対策と本当の原因も

麻雀初心者がアガる四暗刻!なぜロンは三暗刻トイトイになるの?

良かったら一番上の小さなコメントタグと下の方にコメントをする場所があるので、コメントを残して頂けるとありがたいです。

理解できない!

もっと簡単に説明してよ!

もっと詳しく説明してよ!

等々。

暖かいメッセージもありがたいです。

一生懸命説明した甲斐があります(笑)

画像も中盤はわかりにくいと思うので載せていきます。

暫くお待ちください!

 

↓は初心者の為に作っていますが、中級者の方もオンラインゲームで学ばれた方は理解していない可能性もあるので、良かったら読まれてみて下さい。

 

カンチャン待ちについて説明します。

カンチャンとは間待ちの事1・3と持っていたとすると・2の事を示します。

形は↓の通りです。

1・32待ち

2・4… 3待ち

3・5… 4待ち

4・6… 5待ち

5・7… 6待ち

6・8… 7待ち

7・9… 8待ち

この様に間で待っている形の事をカンチャンと呼びます。

 

この待ちの場合。

上がれる枚数が4枚。

 

これを多いと感じるのか?

少ないと感じるのか?

それはあなたのセンス‼︎

 

私なら4枚も山にいるという保証があるのなら喜んでリーチしますよ!リーチしない場合は、山にいないと分かった時。

 

たった1枚でも山に眠っているのなら

私ならその1枚をツモって見せます。

 

この4枚というのも他の人が使っている可能性を考えなきゃいけません。

 

また

 

他の人が河に捨てていないか?

あなたが1枚でも使っていないか?

 

こんな情報収集をする必要があります。

 

なので

4枚のアガリ牌があるとしても

実際は

1枚だったり

2枚だったり

3枚だったり

この世に存在していない場合もあります。

これがカンチャン待ちの真相です。

スポンサーリンク

カンチャン待ちは上がりやすいのか?

先ほども説明しましたが、アガリ枚数がたったの4枚しかありません。

これはリャンメン待ちと比べてしまうから、どうしても少なく感じます。

実際はどんな待ちでも、山に1枚いたら十分です。

誰よりも先に、その1枚をツモればいいだけです。

確率は多い方が良いに決まっていますが、確率だけを頼ると上級者の餌になるので、その時の感性や直感に身を任せれる雀士になって欲しいです!

確率だけに頼ってるデジタル雀士は、いざという時の勝負感が弱いです。ここで負けたらダメだ!そんな時に五感より確率を優先してしまいます。

そんなんじゃ、ただの牌から操られた人形と変わらない。

そんなプロ雀士もゴロゴロいます。

ただ牌が来たから選んで捨てている。

実際は牌を選んでいるんじゃなく、ただ牌から指示されている。考えて選んでいる牌は、誰もが選ぶであろう牌ばかり。

華が無い麻雀は人を魅了しません。

 

カンチャン待ちが上がりやすいのか?

私はアガリやすいと思っています。状況によりますが、シャボ待ちよりはツモりやすいです。

シャボ待ちと単騎待ち。

どちらが上がりやすいか?

アガリやすさで言えば単騎を選択します。こちらも状況によります。

 

普通の打ち手なら状況判断ができずにアガる確率が低いと判断するでしょう。

カンチャン待ちがアガリやすい理由について

カンチャン待ちは壁が出来やすく、リーチ後に引っ掛けになる場合もあります。

これはペンチャンやシャボも同様です。

しかしペンチャンよりはアガリやすい。

あなたのカンチャン待ちが山にある事を前提に説明します

アガリやすい理由

カンチャンは間待ち。

例えば1・3の待ちの場合

3は1枚あなたが使っている。

3の残り枚数は3枚です。

その残った3枚は相手に流れても、あなたが捨てても、3と言う数字は目に見えます。

 

3が2枚見えた場合。

 

あなたが使っている3と合わせると、合計で3枚!

他の人から見ると3は2枚見えている事になります。

2枚じゃ壁とは呼べませんので、この2枚の在りかが分かった人物は2は危険と判断する公算が高いのです。

※あなたが早い段階で1を捨てていれば、2のアガリ牌は3が2枚見えた時点で出やすくなります。

 

では、3の存在を知らない方はどうなると思いますか?

この世に3が残り枚数1枚しか無いため、3を持ってくる可能性が非常に低い。

すると、どうなると思いますか?

1と2が邪魔に感じられるのです。

必然的に3が手元に来ないため下の様な形が溢れます↓

112

122

11

22

1

2

この形が他の人の手元にある公算が高いのです。

22と持っている場合は雀頭として使えます。

122と持っている場合も1を捨て2の雀頭にする可能性が高いです。

しかし

その他の場合、溢れているので簡単には捨てませんが、イーシャンテンや聴牌が入れば、出てくる可能性が高いのが事実です。

※誰も1と2を持っていない場合は、あなたがツモります。

ツモる可能性が高いです。

 

カンチャン待ちの引っ掛けを見抜く方法


スポンサーリンク


引っ掛けリーチを見抜くには牌効率をある程度熟知しておく必要があります。

引っ掛けを見抜く材料となるのは?

・表ドラ

・赤5

・リーチ宣言牌

・一つ前の手出し牌

・序盤に捨てられた手出し牌

特に大切な読みの材料はリーチ宣言牌です。

最後に表情や時間や音も若干違います。

癖がある方なら鼻を触ったり、頭を掻いたりする人も…

・引っ掛けリーチは、普通の打ち手なら長考する時間が若干長いです。そして、牌を切るスピードにも勢いが無く、牌の音も小さくなる傾向にあります。

友達麻雀程度なら楽勝で読める材料が沢山ありますよ!

 

この材料は何が分かるのでしょうか?

最も重要なリーチ宣言牌!

リーチ宣言牌には疑問を抱く事が大切です。

 

なぜその牌が最後までいたのか?

なぜ大切にその牌を持っていたの?

頭の中で会話して下さい。

牌効率を学んでいる者なら理由が見えてきます。

麻雀は基本的にリャンメン待ちになるように牌を整理していきます。

 

ここも1・3で説明しますね。

2が一枚も見えない場合。

1・3と持っている場合

1・3の他にくっついている牌を想像して下さい!!

 

カンチャン待ちにならないようにしたい!

そんな気持ちに反してカンチャン待ちになった。

 

では、最後まで持っていた牌は何?

135の牌です。

113の形

133の形

135の形

3通りが考えられます。

 

これの強化バージョンが↓

13333この形

 

 

引っ掛けになる場合は5がリーチ宣言牌。

 

この人は序盤の手出しで何を捨てているのか?

 

113の形なら7より上の数字が不要になり早々と捨てられているでしょう。

 

なぜ6と7は捨てないのか?

横にくっつけるには最適だからです。

 

この形なら5を捨てるのは早すぎるので、決め打ちの引っ掛けリーチでもない限り、5は手元に入れているでしょう。

 

または

 

上の数字が789の様に完成している。 

他の形も同様です。

 

1を切り飛ばしカンチャンに受けるか?

3を切り飛ばしシャボ待ちにするか?

↓ 

 

133の場合

2と3と4のくっつきを待っている。

 

終盤まで横に伸びず

 

1を切り飛ばし雀頭にするか?

33を残して、他の雀頭を横に伸ばすか?

3を捨てカンチャンに受けるのか?

↓ 

 

135の場合

1か5を切る選択しか無い。

横に伸ばすなら1を切り飛ばし闇聴を選択。

リーチするならツモれそうだと感じる牌を選択するべきです!

メンタルの強い上級者に引っ掛けとか序盤じゃない限り通用しません。

だからツモれる牌で待つのが優先です。

 

表ドラ

原ドラが1や2の場合。

2が一枚も見えない場合。

 

最後まで持っていた牌は何か?

113

133

135

 

原ドラが1の場合

135なら5を捨てます。

 

133の場合は基本的に3を捨てます。

 

113なら基本的に3を捨てます。

 

理由はドラが使いたいから。

 

 

原ドラが2の場合

2が一枚も見えない場合。

135なら基本的に5を捨てます。

133なら基本的に3を捨てます。

113なら基本的に1を捨てます。

 

理由はドラだから。

 

初心者や中級者の考えは

ドラは出ないから。

シャボの方がアガリやすいから。

引っ掛けなら出るだろ!

 

理由なんていらないんだけど、理由をつけるならドラだから待つ。

 

 

少しは理解して頂けたでしょうか?

13の牌マジックの種は赤3や赤5が絡むと更に変化します。

赤については別のブログに詳しく書いています。

 

上級者も騙せる引っ掛けは?

上級者は引っ掛けを見抜く能力や判断材料に優れています。

状況処理能力と場の空気。

相手の性格まで見えます。

先ほども説明していますが、牌の切るスピードや牌の音。

小さな表情までも見えています。

私も同じ種類で性格や空気まで見抜く能力に長けています。

 

引っ掛けだとわからないリーチは何でしょうか?

それは、1135と牌姿に持っていて、カンチャンになると予測を立て、一打目から1を切り離し、次に5を切り飛ばす方法です。

早々に完成された13の形。

リーチされたら2は余裕で通る牌だと思ってしまいます。

 

そして

神がかった13のカンチャン待ち。

2が3枚も捨てられていて、カンチャンの2待ちとかありえるのか?

初心者じゃないんだから、有り得ないという思い込みから引っ掛かります。

 

他にも偶然できた111333が他家から捨てられていた場合。

え?2は対子で持たれているの?もしかして2は暗子?

暗子なら2は安全かな?という発想から捨てます。

 

最後に理由をつけるなら

その牌はいらなかった!

わざと振り込んだ!

のどちらかです。

 

私は、わざと振り込んでも

いらなかったからと言うようにしています。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ