麻雀のサシウマの打ち方は?理解すると100%雀力アップする!

この記事は4分で読めます

麻雀の差し馬(サシウマ)とは何か?

こんにちはpopです。

最初にゴメンなさいを言わせて下さい!

中々、麻雀が上達しない!そんな人には是非理解していただけたらと思います。

尚、私の書いたものが理解出来る方は、かなりの実力者だと思います。その方には、何の情報も渡せなくて申し訳ないです。ゴメンなさい!

最後にコメントを残していただけたら嬉しいです!

スポンサーリンク

 

今回はサシうまについて説明します。

 

多分、中級者から上級者クラスの知識だと思います。

麻雀ではウマと呼ばれる麻雀用語があります。

サシウマもその一種で、サシウマを掛けたものです。

 

サシとは?

1:1の勝負って事ですが、ゲームでは2:2の勝負もあるようです。

 

どういう意味か?

4人麻雀では4人で勝負を行います。

 

しかし

その4人の中でもあなた勝負が開催されている状態です。

 

サシウマとは

 

1位.2位は他の人

あなた3位

4位

 

この場合

私はトップの人にウマを払い

サシウマをしている貴方にもウマを払わなければならないのです。

 

要は、あなたと私の特別な支払いがある制約の事です。

サシウマはオンラインゲームでも多用されています。

 

有名なアーケードゲーム

ナムコの麻雀ファイトクラブ

セガネットワーク麻雀MJ

などが代表的です。

サシウマには打ち方や考え方がありますので、知らない人には、かなりの雀力アップとなります。

 

サシウマの打ち方や考え方は?


スポンサーリンク


サシウマと言っても、普通にトップを狙います。

やはり1位を取らないとスコアも伸びませんからね!

サシウマの打ち方

サシ相手は警戒しなければいけなくなります。

 

サシ相手に放銃してしまうとこの様な結果

 

満貫放銃の場合

親なら24000点の差が産まれる。

子なら16000点の差が産まれる。

 

跳満の場合

親なら36000点の差が産まれる。

子なら24000点の差が産まれる。

 

倍満の場合

親なら48000点の差が産まれる。

子なら32000点の差が産まれる。

 

振り込むと、その人との差が出るのは当たり前なのですが

サシウマをしていると改めて実感するようになります。

常に意識しているので

常に計算するようになり

瞬時で計算する能力が身につきます。

 

その能力は

大切な局面での判断能力に繋がるようになります。

行くか?降りるか?

これが点数計算が瞬時で出来ると

行かなきゃいけないのか?降りたら勝ちなのか?の判断に結びつくのです。

 

ではどんな打ち方が効果的なのか?

サシ相手を自由に打たせない方法があります。

 

・白・発・中・自風・場風を簡単に鳴かせない!

・ドラを鳴かせない!

・一色系の字牌や色を鳴かせない!

徹頭徹尾!一切鳴かせないような方法があります。

 

すると、どの様な効果があるのでしょうか?

サシ相手は

鳴きたくても鳴けない状態に陥り

他の2人に先制される可能性が高くなります。

 

(絞る=鳴かせない)

あなたが絞っているので

・サシ相手は降りるか?

・振り込むか?

・自力で引くしか無い状態になります。

 

勿論、あなたも絞っているため先制出来ない可能性が高いです。

 

しかし

 

急所を鳴けない場合、相手は降りるしかなくなります。

 

すると

 

あなたが今まで絞っていた牌が急変します。

 

一度迂回させてしまえば、急所をも鳴かなくなります。

降りるなら徹底して降りるからです。

 

しかし

※三元牌や場風などは簡単には捨てられません。

捨てると鳴かれて、再復活するからです。

なので役牌の場合は、相手が完全に降りてから捨てる様にします。

 

次に効果的な打ち方は?

他の2人に上がらせる方法です。

 

あなたが上がれない!遅れていると感じた場合。

他の2人を援護する事です。

 

勿論、あなたもアガリに向かいながら援護しないといけません。

他力本願では、他の2人が信用出来ないからです。

 

この方法は

※あなたがどうしようもない場合に使用するかを判断しなければいけません。

 

判断しなければいけない理由は?

流れが悪くなる可能性が非常に高い

失点すると挽回するまでの時間があるのか?

失点してまで相手の流れを止める価値があるのか?

判断が難しいですが、使いこなせれば強い武器になります。

 

次に

相手が一色系に染めている場合。

 

あなたも一色系に染める方法です。

これは、相手も同じ考えになります。

あなたが先に上がらなければ、相手が上がってしまう。

 

なので

必然的に両者共に撃ち合いになる可能性が非常に高くなります。

一度鳴いたら、どっちが先に上がるのか?の勝負になります。

 

勿論、点数の有利な方は降りると言う選択も出来ます。

まず、ぶつかり合いになります。

 

上がられたら負ける!

なら振り込んでも戦わなきゃいけない!

そんな心理も働きますので覚えておいて下さい。

 

次に

他の2人を沈める方法です。

サシ相手は滅多にロンを言わせてくれません!

 

なので

 

他の2人はサシ相手よりロンしやすい状態です。

 

他の2人を沈めるとサシ相手は困ります。

残りの点数が少なくなり、他の2人から点数を取れなくなるからです。

これは鉄板の勝ち方です。

他を沈めてしまえば、守りに徹底すると勝てます。

 

最後に山越し狙いについて

私は何度も実践しました。

何万局と打って到達した答えです。

 

山越し狙いは効果はありますが、やはり見逃しをするので一脱した行為となります。

なので

相手の心を折るのには最適なのですが

あなたの流れが枯れます…。

諸刃の剣です。

 

考え方も打ち方もサシウマの打ち方は若干違いますが

サシ相手ばかり気にしているとトップが取れません!

 

長年打ってきた結論

サシウマなんか気にせずに常にトップを狙う事が重要です。

トップを狙うためには、やはり流れが大重要!

流れを止める麻雀は、負ける麻雀だと思い知らされました。

 

私のサシウマの打ち方を紹介

常に断トツトップを目指し、皆んなハコらせるつもりで打ちます。

 

相手のリーチなんか無視!

私の感性で全て凌いでみせる!

 

例え細い糸で長い道のりだったとしても、最後までゴールを目指す!

ゴールがない場合でも、ゴール前まで突っ走る!

 

流れを重視した麻雀を打つようにしています。

そして直感を信じています。

サシウマ相手に放銃も当たり前のようにします…。

 

理由は

その牌を止めてしまったら流れが止まる事を恐れるからです。

サシなんて関係ない!

常にトップを取る!

常に流れを考える!

未来の一打を良くするための今がある!

負けた時は反省しますが、負ける事のほうが少ないのが事実であり、長年の経験から出た答えです。

大会麻雀でもオンラインゲームでもリアルでも通じます。

 

サシウマの打ち方を理解すると何が分かるようになるの?

それは

判断能力です。

状況判断を瞬時に整理し

行くか?降りるか?の判断が出来るようになります。

 

特に、トップを取るためには何をするべきなのか?を明確に判断出来るようになるのが強い武器になります。

勝負するために背中を押してくれる爆薬のようなものです。

 

状況判断が出来るようになれば、余裕が生まれます。

苦しんで麻雀を打つと感性が損なわれ、在るべきセンスも発揮されない。

あなたの潜在能力を引き出すための、鍵となるでしょう。

 

私はサシウマの打ち方を自力で考え、全て実践しました。

全て瞬時に整理出来るようになっていた時

私の雀力は、覚える前に比べて全く別人のような打ち方をしていました。

1番成長した時期でした。

 

私の教え子も急成長したので、一種の強くなるための分岐点だと思います。

知ってる人と知らない人の差は歴然で、麻雀について話す会話もレベルが高くなります。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ