麻雀依存性を克服する方法は?ギャンブルの恐怖は家庭崩壊もある?

この記事は2分で読めます

image

麻雀依存性を克服する方法は?

こんにちは。

私は19歳から23歳ぐらいまでの間、麻雀依存性だったと思います。辞めたいけど辞められないんです。

矛盾してるでしょ?

辞めなきゃいけないのが分かってても辞められないんです。

これはギャンブル依存性の特性です。

麻雀ってやり始めると止まらない!

これは、麻雀やってる人なら分かると思うんだけど、快感を覚えてしまっているから、次は勝てる!次は勝てる!

いつでもどこでも1発逆転と言う危機的状況から脱出する事が出来るゲーム!

ギャンブルの由縁は、どんなところからでも1発逆転する事が出来る!と言うところから来ています。

麻雀って、他の公共のギャンブルと違って常に押し引きがあります。精神をすり減らし、麻雀が終わる頃には興奮状態から放心状態へ変わります。

それぐらい精神を削っています。


スポンサーリンク


麻雀依存性の方は麻雀から離れられない?

image

麻雀するのが楽しみで楽しみで仕方がないです。

麻雀をするな!と言われると困ります…。

きっと嘘ついてまで麻雀をやるでしょう。

私は自分が駄目になっているのに気がついていましたが、麻雀がやりたくてたまらなかった…。仕事中も麻雀の事を考え、友達との電話や会話でも麻雀についての話ばかり。

 

こんな状態で辞める事が出来るのか…。

私の克服方法…

image

私は麻雀を辞められなかった。

大事な物を失って初めて気がついた。

失った後も後悔と麻雀をやりたい衝動に駆られる。

『麻雀で大事な物を失った』『麻雀やってたら幸せ』

だけど辞める決意をした。

 

麻雀をやりたいと言う思いは直ぐに消えず、金があれば行きたくなる。だから金を全部治療の一環として旅費に当てた。一人で旅行に行き、美味いものを食べ、高いリゾートホテルに泊まり、金が無くなるまで遊ぶ。

 

無くなった後は仕事を頑張るしかない。

生活するためにがむしゃらに働いた。暇がないようにするために仕事尽くし。

 

仕事→寝る→仕事の繰り返し状態

 

たまに休みがある。休みの日はギャンブルしない友達と遊び、つまらないと感じながらも我慢した。

これを繰り返していくうちに自然と麻雀の熱は冷めた。

image

麻雀をさせる金を与えては駄目。

時間を与えても駄目。

依存性は嘘をついてまで隠してやるから、借金をさせないような仕組みを作らないと駄目。

友達との縁を切らせ(相談し、理由を話して遠ざけるなりの対処が必要。お金を持たせない!お金が湧いたら疑え‼︎

辞めれるまではこの生活をしないと危険です。

 

全員が辞めれるとは限らないけど、これで辞められなければ借金地獄や家庭崩壊に繋がります。

ギャンブルの恐怖とは?


スポンサーリンク


ギャンブルは日常では味わえない興奮や刺激があります。

上でも話しましたが、1発逆転を味わった者が依存性へ陥ります。麻雀は常にその中で闘っています。

常に1発逆転があるんです。

これが駄目なんですよね。快感を味わってしまう。

 

この快感を求めるために、欲望のままに動きます。

家庭崩壊もある?

これも上で話しましたが、麻雀依存性は家庭崩壊します。

家庭の事を一切しない。子供の相手、嫁の相手、夜はいない。家庭崩壊して当たり前やん!

 

最悪、借金や仕事にもいかなくなる人を私は見て来ました。

 

そんな人の現在は、借金地獄から必死で抜け出そうと仕事を一生懸命しています。家庭は崩壊しています。

 

私は借金は作りませんでしたが、大事な物を失いました。

でもね。

麻雀で得た物は数多く残りました。

精神的にメチャクチャ強いです。人生ってこんな流れなんだ!って思っています。

 

そして、麻雀で出会った全ての方々に感謝もしています。

この人達が私を強くしてくれた。精神的にも考え方もプラスになる面は多かった。

今でも関係を残している方々は、今後ビジネスパートナーとして付き合っていこうと考えています。

 

最後に…

image

諦めなければ絶対に良いことがあります。

諦めるのは簡単だけど、人生は苦労して勝ち取った方がプラスになります。

逃げないで闘いましょう。

必ず良い未来があります。

例え借金地獄だったとしても、楽しく生きて行けるようになります。

逆に良い経験だと思いますよ。いつか笑える明日のために、必死で頑張りましょう!


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. tumblr_noq5g99tC21qfirfao1_1280
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ