麻雀初心者がアガる四暗刻!なぜロンは三暗刻トイトイになるの?

この記事は2分で読めます

麻雀初心者は一度は疑問に思う四暗刻!

あなたは、こんな経験有りませんか?

四暗刻‼︎

役満上がれた〜!

やったぁ〜‼︎

ロンロンロンローン。

 

えっ⁇⁇⁇⁇

なぜか四暗刻じゃない…。

良く見ると

三暗刻・トイトイだった。

 

スポンサーリンク

多分、麻雀初心者は一度はやると思います。

特にリアル麻雀をやった事が無い人は多いのではないでしょうか?

私も、その1人でした(笑)

では、漢字の説明から入ります。

暗刻とは?

暗子って、111222東東東白白白のような

3つの重なった数字の同色が3枚。手元にある状態の事を言います!

また

ポンと鳴くと暗子として扱われない。

たまに初心者はポンを4回言って四暗刻を聴牌したと勘違いする人がいます。

ポンは暗子扱いされていないので注意です!

関連リンク↓

麻雀のカンチャン待ちとは?上級者を騙し引っ掛けを見抜く方法も

 

麻雀初心者がリーチ負けする理由は?勝つための対策と本当の原因も

四暗刻とは何か?


スポンサーリンク


先ほど説明しました。

四暗刻という漢字!

四つの暗子。

暗子が手元に4つある事を指しています。

なので、四暗刻という形は

111・東東東・北北北・発発発

この様な牌が自分の手元にある事を言います。

しかし、上記の場合

牌が12枚しか有りませんよね。

111・東東東・北北北・発発発と8

これで13枚!

後はロンと言っても、ツモと言っても四暗刻の完成です。

なぜ?四暗刻をロンと言うと三暗刻トイトイになるのか?

前の文を読んで頂いた方には、もう理解されているのではないでしょうか?

そう!

あなたも薄々気づいているんですよ。

三暗刻トイトイになるのは、あなたの手元に3つしか暗子が無いからです。

 

あなたが上がった形は↓

111・東東東・北北北・発発・88

この様な形の3つの暗子

2つの【雀頭=対子】をロンと言ったんです

この場合なら8の事ですね。

これでは3つの暗子しか手元に無いでしょ?

ロンは、相手の河から拾ってきますよね?

四暗刻は4つの暗子が手元にある状態。

 

もう分かりますよね?

ロンと言うと三暗刻が手元にあるので、トイトイも複合役として付いてきます。

四暗刻を成就するためには、ツモる必要があります!

手元に暗子が4つ必要だからですね!

 

ロンと言いたい場合は四暗刻単騎待ちだけです!

四暗刻の役満の点数は↓

の役満は48000点

ツモの場合、子は16000オール

ロンの場合48000点。

 ↓

の役満は32000点

親の支払い16000

子の支払いは8000×2人

 

四暗刻単騎待ちは、地域によってダブル役満の場合があります。

まとめ

  1. 暗子を理解する。
  2. 四暗刻は手元に4つの暗子が必要。
  3. 四暗刻をロンしたい場合は、四暗刻単騎待ち意外ない。
  4. 四暗刻単騎(通称:スッタン)はルールによりダブル役満の場合がある。

初心者が勘違いするのは↓

四暗刻の形が出来ているけど

ロンと言ってしまうからです。

 

3つの暗子と対子(頭)が2つ

111・222・東東東・北北・発発

ツモれば暗子となるので四暗刻の完成。

ロンと言えば、3つの暗子と対子が二つという扱いになります。

 

この様に、麻雀の漢字には意味のある漢字が使われています。

 


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
  2. image
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ