麻雀初心者がリーチ負けする理由は?勝つための対策と本当の原因も

この記事は4分で読めます

image

麻雀初心者がリーチすると高確率で負ける理由は?

麻雀初心者がリーチするとなぜ負けるのでしょうか?

良く追っかけられてロンと言われませんか?

原因は以下の通りです。

  1. 1番多くみられるのはリーチ後の待ちが悪すぎる!
  2. 待ちの枚数が少ないのにリーチしている。
  3. 待ちが全て無い。

スポンサーリンク

ザックリ言うと上記の3通りです。

3番は・・・もぅ凡ミスの骨頂です(笑)

読んでくれた方は、何かコメントを残していただけると嬉しいです。

  • 参考になった!
  • そんな事ありえないし!
  • 全部一緒のことじゃね?…などなど

なんでもいいので残してね~

 

リーチする前に必ず上がり枚数を確認するようにしておきましょう!

1.2番について説明します。

同じような意味ですが、若干違います。

待ちの枚数について理解してください。

・リャンメン待ち

・カンチャン待ち

カンチャンについては↓

麻雀のカンチャン待ちとは?上級者を騙し引っ掛けを見抜く方法も

 

・ペンチャン待ち

・シャボ待ち

・単騎待ち

どれが一番上がれる確率が高いのでしょうか?

そう!!

確率で言えばリャンメン待ち圧倒的に上がりやすい待ちになります。

なぜか?

他の待ちは上がり枚数が圧倒的に少ないのです。

・カンチャン待ち・ペンチャン待ち・シャボ待ち=上がり枚数が4枚!

・単騎待ち=3枚!

 

それに対しリャンメン待ちは?

リャンメン待ちの場合→4枚+4枚=8枚!

 

4枚と8枚の差はどちらが上がりやすいのか?わかりますよね!

待ちの枚数について理解していただいたと思うので

次へ!

image

初心者はトイツ(対子)を集める傾向にあります。

対子というのは頭のことです。33や88みたいな形を集めたがります。

これは私が教えてきた初心者達の全ての人と言ってもいいぐらい、対子を好み縦に伸ばそうとします。

七対子(チートイツ)やドンジャラの名残で縦に集めるのようなものです。

 

待ちが悪いというのは?

image

待ちが悪いというのは、上がる形の事を言っています。

毎回、毎回。

カンチャン、ペンチャン、シャボ、単騎

この待ちばかりしているようでは、必ず負けます!

麻雀初心者は、この待ちが多すぎるんです!

対策

※この待ちを選ばないように牌の選択をしていく必要があります。

これは牌効率が良くなれば自然と出来るようになります。

 

牌効率とは?

 

牌効率というと難しく考えてしまいます。

でも、これって

皆さんが普段麻雀をやっている時に既に実行されているんですよ。

 

・どうやったら聴牌(テンパイ)になるのか?

・何の牌を切ったら聴牌が近くなるのか?

これにプラスしてほしい事があります。

・リャンメン待ちになるには何を切ればいいの?

・あなたの必要な牌は何枚あるのか?

最終的に聴牌したら、後何回ツモが残っているのか?ツモ山も確認しましょう。

これを頭に入れておいて下さい。

 

すると

あなたの脳が勝手に牌のルートを選択してくれるようになります。

 

待ちの枚数が少ないのにリーチするとどうなる?

 

上がれる枚数が少ないと上がれる可能性が少なくなりますよね!

要は上がれる確率を上げなさい!って事なんです。

 

上がれる枚数が少ないのにリーチしていたんじゃ、追っかけられて負けるのが必然です。

 

なんで追っかけられて負けるんだよ!

○○さん運が良いなぁ~~。

 

というような愚痴がこぼれます。

負けて当たり前のリーチをしているのに愚痴まで言われたんじゃ・・・。

辛いですよね(笑)

 

待ちの枚数の確認はしっかり行いましょう!

ではリーチに勝つためにはどうしたらいいの?


スポンサーリンク


これは初心者から中級車になるための一歩です。

リーチに絶対勝つ!100回対戦して100回勝つ!

そんな事は麻雀のプロ達でも出来ませんよ。

という事を理解した上で説明します。

 

リーチに勝つためには状況判断が必要となってきます。

又、

運が絡んできます。

運にも種類があるので理解しておくといいでしょう。

それでは、

場に捨てられている牌から想像することから始めていきましょう!

リーチに勝つために必要な知識!

image

リーチ負けしないための打ち方は、残り枚数の確認と上がり枚数の確認が大切です。

特に待ちが悪い場合には、リーチをかけずにリャンメン待ちに移行できるように取り組んでいきます。

 

リーチに勝つには

度胸と運と感性が必要となってきます。

相手のリーチに対して恐怖心があると感性が鈍ります。

リーチが来た!どうしよう?

この迷いは感性を鈍らせているので、あなたの手牌は既に他の人より遅れている事を意味します。

ここでは、行くのか?行かないのかの状況判断が必要です。

リーチ者に何の牌を通し、何が通らないのか?

わからなくても感で探すようにしてください。

わからない!

無理!

そぅ言わずに感で当ててみてください。

意外と当たりますよ!

皆、麻雀を打っている人はこのように強くなっていきます。

必ず通る段階があるんです。

今は

とにかく情報収集に頼ります。

そして!!

 

この牌が危険だ!!

そう思う牌。

絶対に河に捨てないようにしてください!

他の人が捨てた後に、これは通ったのか!と思い捨てるようにしましょう。

これをひたすら繰り返す事で、あなたの欲望を封じ込めるようになります。

 

※目先の上がりなんていらない!

※最後にトップを取れるための準備をしましょう。

 

リーチに勝つという事は、決してリーチしたら上がると言う事ではないのです!

 

勝つためにリーチを回避し、体制が整ったら仕留める。

また

運に身を任せるのも大切なことです。

今は調子が良い!

そんな時はリーチしたら勝つほうが70%と考えてもいいでしょう。

勝つためには確率なんてものに左右されないことです。

 

最初に麻雀を始めた時、運試しリーチとか言うでしょ?

確率なんかより直感を信じる麻雀を打ちましょう。

 

リーチに勝つには広い視野とその場の空気や流れや運を理解する事です。

 

リーチ負けする本当の原因とは?

tumblr_nfq9s4luGi1qfirfao1_1280

初心者だから変な待ちでリーチしている。

悪系の待ちでも勝つ時はあります。

実は勝負けというのは運が左右しています。

当たり前やん!!!

そう言わずに聞いて下さい。

 

一言で『』。

・運が悪かった。

・運が良かった。

 

では、その運ってなんだ?

 

あなたの運が良かったの?悪かったの?

 

勘違いだけはしないでほしい。

あなたはリーチ負けしたとします。

 

それは

 

あなたの運が悪かったのでしょうか?

相手の運が良かったのでしょうか?

 

両方だと思いますか?

 

リーチ負けをした。

ここには負けた種類があります。

 

ツモられて負けたのか?

ロンと言われて負けたのか?

 

意味が全然違います!

ツモられて負けたのなら、あなたの運より相手の運が強かった。

しかし

あなたの運が悪いわけでは無い!!

 

ロンと言われて負けたのなら、あなたの運が悪い。

 

そして

あなた意外の人がロンと言われて負けたのなら、卓運が悪い。

 

これを勘違いしないでほしいです。

逆に

あなたの運が良い場合はツモります!

あなたがロンと言っている場合は他の人の運が悪い→・あなたの運が良いわけじゃない!

だからと言って悪いわけでも無い。

この状況判断はシビアです。小刻みに変わる運の流れ。

判断出来るようになるには時間がかかりますが、必ず出来るようになります。

 

リーチ負けする本当の原因は運が良い!悪い!の勘違い

image

これがわかるようになりば立派な上級者です。

麻雀のプロにも負けない武器です。

 

本当の原因は、己が運が良いと勘違いし、実はメチャクチャ運が悪いのに、たまたまロンが出来た。

上がれたから運が良かった!今は運が良いんじゃね?

そんな勘違いが原因です。

 

リアルの麻雀

オンラインゲームの麻雀

 

どちらが多いか知っていますか?

 

もちろんオンラインゲームです。

上級者のレベルまで上がったオンラインゲームの麻雀の方でも

ここまで理解して打っている方は何人いるのでしょうか?

 

ただ打っているだけじゃ成長なんてしない。

知識は盗み。

使えるモノは吸収してください。

必要なければ吸収する必要はありません。

 

本当の原因は、人間誰もが抱いている自惚れという幻覚。

麻雀が好きという気持ちさえあれば、どこまでも強くなっていきます。

限界を感じた場合は、誰かの打ち方を参考にすると新しい発見が見つかるかもしれません。

私もまだまだ未熟ですが、麻雀が好き!って方は一緒に強くなっていきましょう!

それではこれで終わります。

何かあったら下の方にコメント欄があるので、そちらからどうぞ!

熱いコメントお待ちしております。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. image
    • 匿名
    • 2016年 9月30日

    リーチの時、上級者はターチャの河から山に自分のアガリ牌が残っているのか、また自分の河から自分のアガリ牌がターチャの出しやすい牌なのか見るようにしてると聞きますが、

    しかしこのバランスが難しく、出アガリ待ちはターチャがアタリ牌を掴んでくれないと意味がないわけで、もっと言うと不要牌として浮くか、あるいは切れる安パイの無い状態でオリてスジ壁頼りになってくれないと意味がないわけですね

    このある種のジレンマ的なところに追っかけリーチや、流れが悪い局面でのリーチの難しさ、もどかしさがあるのではないかと思ってます

    popさんはその辺の読み、バランス感覚はどのように基準付けていますか?

      • monachan
      • 2016年 9月30日

      匿名さん
      こんばんは〜!

      ≫≫出アガリ待ちはターチャがアタリ牌を掴んでくれないと意味がないわけで、もっと言うと不要牌として浮くか、あるいは切れる安パイの無い状態でオリてスジ壁頼りになってくれないと意味がないわけですね

      そうですね。
      おっしゃる通りです!

      オリる局面なのか?
      押し引きを考えなきゃいけない局面なのか?
      自身が完全に押し切らなきゃいけない局面なのか?
      (この一打以外、選択肢が無い状況)

      それに、相手の性格を見る必要も出てきますね。

      局面の状況判断+性格+自身の流れと相手の流れ+第三者の動きや鳴きまで考えないといけませんね。

      ≫≫このある種のジレンマ的なところに追っかけリーチや、流れが悪い局面でのリーチの難しさ、もどかしさがあるのではないかと思ってます

      私は常に未来を考えて打っています。
      大切なのは未来に繋がる一打(選択)なのか?
      それが私の基準です。

      バランスは長期間の対局なら調整出来るので考えていません。

      短期決戦の場合は押し通します。
      そのリーチをかけている場合

      私は⇩
      ・誰よりも先にツモる自信がある場合
      (流れが出来ている場合)

      ・最終形だと思った場合。
      相手に流れがあり、そのリーチが負ければ後が無い(流れをもっていかれる)と考えている。
      ※負けた場合は潔く負けを認めます。

      その他の選択肢は無いです。
      勝たなきゃいけない状況なら後ろへ下がる事はしません。
      次の対局があるのなら勝つために闘います。
      そのリーチが負けたら何局かで調整したらいいと考えているからです。

      狙い打ちする場合は、私は引っ掛けなどは使いません。相手の技量を考慮しますが、狙う場合は鳴きか闇で狙います。

      流れが無い状況でのリーチですが

      最終形になった時に山にあるのか無いのかが、牌姿とツモで分かるようになりました。
      ツモれるのか?
      ツモれないのか?
      が分かる場合もあります。

      必ずツモれるのに上がれない。(他家が放銃)
      それが卓の運の無さだと私は思っています。
      私の運も、その人より今日は無いと考えます。

      後は相手リーチに自身が追っかけリーチをした場合。
      第三者の他家が放銃するのか?
      私に放銃するのか?というのがわかると次のステップへ行けそうです。
      それも流れなのでしょうが…。
      第三者の流れが分かっていても、やはり他の思考や行動まで完全に読み取れていません_| ̄|○

      リーチの勝敗に関しては、直感と経験や流れから判断しているんだと思いますが、全て分かる時と全くわからない時にわかれます。
      牌を開く前から分かる場合もあります。(誰が上がれるのか?)
      何百局に1回程度です。

      その説明をして!って言われますが、言葉で表現できなくて…同じ体験をしている方なら多分直感なんじゃない?と同意しています。

      リーチの勝敗は7割は分かっていますが、言葉で表すのなら直感です。
      経験をつんでいて、流れに敏感で集中力が高いと誰でも分かるようになると思っています。

      文才が無く説明が下手で申し訳ないです。

      コメントありがとうございました!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ