麻雀popのブログ。本日のサンマの成績と内容!

この記事は3分で読めます

麻雀が好きなpopです。本日はサンマを2回だけやりました。秋刀魚は苦手ですが、成績と内容を書いているので、参考程度で読んで下さい。

久しぶりのサンマ。

上家が麻雀を良く知っている方で、愛君。

下家が中級者ぐらいと判断。鬼君。

そして私!

 


スポンサーリンク



東1局、西家。

手牌が国よりの牌姿。

ドラは3丸。

 

下家、上家の一打目が竹の中張牌。

これを見て、国を即諦めました。

理由は流れもわからず、上がる可能性が1番無さそうで、振り込みリスクが高すぎると判断したからですね。

 

今回は画像が無いので、サクサク説明していきます。

 

東1局、下家の鬼君が6000の上がりスタート。

捨て牌も無駄ツモが無く、好調なんだと手牌を開けた時に分かりました。

 

愛君も理解したようでしたね。

私は嬉しくなりました。たった1局打って、流れを変えてやろー。そんな雰囲気が空気を変えていましたね。

東1局1本場、鬼君のソッコーの鳴きから5800のツモ。

流れが良い時に鳴くなんて愚行だなぁとか思いながらも、愛君の必死の頑張りを見てました。

私は鳴かせず、傍観者を維持。

 

東1局2本場。愛君の先制リーチが入りました。

今まで真剣に闘っていましたからね。当たり前のリーチですね。

私は1シャンテンまで行っていましたが、どーも牌が噛み合って無い。ミスもしてないのに、しっくりこない。

鬼君は降りてるのか攻めてるのか‥。中途半端な打牌。まぁ親が流れたら良いな〜と思いながら、打ちまわしてテンパイ。

流局。

 


スポンサーリンク



東2局、南家。3本場

鬼君の先制リーチ。

即ツモ。満貫。

 

東3局、親。

愛君が鳴きに出た事により、流れが変わる。

愛君にもテンパイ。私にも面前テンパイ。

鬼君は何も分かっていない様子だった。

愛君から伝わる。絶対降りないと言う強い打牌。

私も意識せざるえなかった。だからリーチした。

 

鬼君は愛君のテンパイには気が付いていない。

流れは五分五分。

先にいたのは私だった。

メンピンツモ。裏無し。

流れが悪い。

 

東3局1本場。

鬼君が早々に4丸の暗カン。

4丸がカンされた事により、流れが完全に無い事を悟る。

愛君のリーチ。続く鬼君の2家リーチ。

鬼君が愛君から12300の直ドリ。

 

南1局、西家。

手牌が中途半端。行けるけど、愚形。

愛君は必死の手作り混一色。

鬼君は絶好調の先制リーチ。

ここで上がられてはトップが遠くなる。だから引くことは許されない。愛君は流れが無い。私が潰すしかない。もし、愛君が放銃したら、まずトップは無理になる。南ラス親があっても愛君がハコる状態を作るわけにはいかない。

 

結論から言えば、ここで引いたら100パーセント負ける。

私が振り込んだほうが勝つ可能性が高い。

なら全ツだ!

 

追いついたので愚形の間8竹待ち即リー。

次順、掴まさせられ親満を喰らう。

( ;´Д`)痛いよー

トップ無理だったら、2位でいいやって思考にシフト。

 

南1局2本場。

愛君が早仕掛けの中ドラドラをツモ上がる。

直ドリしてほしかったなーと心では思ってた。

 

南2局.南家

愛君の先制リーチ。

私は回す。

鬼君は降りてない。突っ込んでる。

潰し合いなら、私は歓迎するがツモられるのは困る。降りれない。

まぁ鬼君が放銃してくれたので助かった。

親満直ドリでトップが全然見えるようになる。

 

南2局、1本場

私に神が微笑む。

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

ドラ2枚の七対子。鬼君直ドリしやすい絶好の手。

上がれたら勝てる。

10巡でテンパイ。

愛君はリーチ入ってる。

鬼君は未だに攻めてるのか降りてるのかわからん。降りてないなら字牌で待つ意味がない。

西と愛君に危険な3丸の選択をしなくてはいけない。

 

山に確実にあるのは西。だから、降りても攻めても出てくる西で待った?3丸は通った。

 

愛君と巡り合い。

鬼君の弱気な西対子落としが、私に刺さった。

跳満直ドリ。

 

南3局オーラス親

勝つ流れが出来上がった牌が入った。

しかしシャンポンの発、中イーシャンテン。

先に発、中を処理されちゃ勝てない。

鳴いて上がったところで1000点なんていらない。

連荘じゃない。ここはドドメの局。

 

早々に一枚づつ処理された。

 

5巡目テンパイ。ドラ引きのテンパイだった為、流れはあると感じた。

発も手を開けた時に良くアンコっていたので発が期待だと感じていた。しかし、追いかけられたら負ける。先にいるかどうかわからない。

 

結果、リーチ宣言。

鬼君が処理してなかった中で一発の裏裏のインパチで終了した。

 

次の対局は流れが出来上がっていたので、東1局の親で3回あがったら鬼君が飛んだ。

こうして良い成績だけで終わってしまった。

 

読んでくれてありがとうございました。


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. tumblr_nkeaie6Z4p1qfirfao1_1280
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

フォーラム

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

915人の購読者に加わりましょう

固定ページ